R: 米国議会データを読み解く ver. 2

I.何をする?   次の米国議会の記録をRで処理します。   voteview.com   Rvoteviewを使用します。   https://github.com/voteview/Rvoteview   次を参考にします。米国政治の分析データやRでの分析方法を詳しく紹介されています。   American political data & R   II.Voteview.comは何を記録している   108,335の米国上院、下院の投票結果の記録です。 トップページには、直近の上院の法案の値投票結果が…

Continue reading

R: 米国議会情報を集計 ver. 2

I.何をする   米国議会についてのデータの処理方法を学びます。   II.議員について調べる   1.データ   データは次にリンクされています。上院と下院に分かれています。   https://github.com/CivilServiceUSA   2.議員の基本情報   July 16, 2019の記事のTrump氏の人種差別発言に反論した4人の民主党議員について調べます。   4 Democratic women of color slam Trump for ‘bigoted remarks…

Continue reading

Elections: 米国政治関連データとグラフ, r ver. 2

I.何をする   次にしたがって、米国の政治関係データとRのグラフの作成方法を紹介します。   American-political-data-and-R   興味深いデータ・サイトがリンクされています。グラフは20種類以上あり、大統領選の選挙結果の分析にも使えそうです。   II.グラフの作成   コンピュータ上でRStudioでスクリプトを実行しました。 上記の文書のスクリプトを実行すると、ggsflabelがないためにエラーになりました。ggsllabelをインストールすればよいのですが、途中の選択によってエラーになります。 次でエラーを…

Continue reading

Elections: 選挙結果をグラフにするためのリンク集 ver. 4

Kaggleのリンクを追加しました。 I.やりたいこと   米国選挙の最終投票結果がでれば、いろいろなデータが公表されるでしょう。 データ、集計、グラフなどについての情報を集めます。   II.リンク   データ   election 2020 (Kaggle)   機械学習のためのデータやプログラムが投稿、公開されています。データは、US Election 2020 (431KB)、 USElection 2020 Tweets(353MB)がアップされています。公開のものもあるかと思いますが、登録するとクラウドでPythonやRを使用できま…

Continue reading

Elections: 2016年のTrump投票者の人種構成, python

I. Trump投票者の人種構成   2016年と2020年の選挙結果を分析するための資料を集めはじめました。 CNNが実施した2016年の出口調査のデータがありましたので、Pythonでトランプ氏の支持者の白人の割合を集計しました。 一般に出口調査は回答率が40%程度であり、質問項目にどの程度ほんとうのことを答えているかはわかりませんが、他社の出口調査と比較することで一定の傾向はわかるのではないかと思います。また、出口調査以外で人種別の投票者割合のデータがあるかどうかも知りませんので、これから調べます。   https://edition.cnn.com/election…

Continue reading