Finance: ExcelとRでリボ払いを計算

リボ払いは毎月の返済額を固定した返済方法です。 多くの場合は年利15%です。 もし、年利15%1万円を10年返済しなかったら4万円の負債になります。 Runをクリックしてください。グラフが描かれます。 また、R Consoleに年ごとの返済額が示されます。     12万円を借りて毎月1万円を返済する場合でも年利は8%になります。 上のスクリプトのrate=15を8に代えてRunしてください。計算されない場合は更新してRunしてください。 年利8%でも10年で2倍以上になります。 Rのスクリプトは書いていませんが、12万円を借りて毎月1万円返済する場合の年利をExcelで計…

Continue reading

Economy: 政権が株価と金利にこだわる理由

経済学の素人がちょっと調べたメモです。   I.図解日本の予算と年金の流れ     II.解説日本の予算と年金の流れ   年度が異なる数字が混ぜっていて正確ではありませんが、だいたい次のようなことになっているようです。   日本国 歳出:国債20兆円償還。 歳入:国債30兆円発行。 負債:1000兆円+毎年10兆円 問題点:GDPの2倍の負債があり毎年増加している。   GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人) 保険料:35兆円。 積立金運用利益:10兆円(2017年度) 年金給付:54兆円。 運用資産:156兆円。 株や債券で運用…

Continue reading

Population: 2018日本各地の15−64の指数, python, repl.it

下のデータをもとに、2015年の15歳−64歳の人口を100とした人口の推移のグラフを作成しました。   将来推計人口・世帯数   結構な時間を費やしましたが、Pandasを用いたグラフの書き方はこれが簡単だと思います。 ちなみに、Pythonでグラフを描く場合はMatplotlibを用いる場合が多いのですが、下に示したスクリプトではPandasのみをインストールしていますが、グラフはMatplotlibが用いられているようです。   I.流れ   ライブラリをインポート データを読み込む たてよこ変換する 列名を指定する 不要な行を削除する 年の列をイ…

Continue reading

Population: 2018日本各地の人口構成, python, repl.it

I.データと手順   次のデータに基づいてPythonとNumpyとMatplotlibで人口構成の推移をグラフにしました。   将来推計人口・世帯数   グラフ作成の手順は次のようです。   4つのデータを読みこむ。 縦横を変換する。 ヘッダーを指定する。 4つのデータを結合する。 都市名を選択する。 年齢グループ別の割合を計算する。 グラフを作成する。   II.スクリプトの解説                       &nbs…

Continue reading

Economy: GDP比国債依存率グラフ, python, quandl

Quandl APIで提供されているデータをオンラインで入手し、グラフにします。 Quandlに登録し、トークンを取得する必要があります。無料登録の場合は、1日のアクセス数に制限があります。 また、データには無料のものと有料のものがあります。   国債のGDPに対する割合をグラフにしました。国名を指定するとその国の変遷を示すラインが加えられます。       # import libraries import pandas_datareader as pdr import datetime import quandl import matplotlib.…

Continue reading

Economy: ベーシックインカムのグラフ, R

下記のページを参考にさせていただき、Rでベーシックインカムの所得モデルを描きました。   生活保護制度とベーシックインカムと負の所得税の違い   グラフを描いて、多角形やテキストをx軸、y軸で指定して重ねて描きます。 プロットに日本語を表示していますが、Macの場合は文字化けを防ぐために下の行を加える必要があります。   par(family=”HiraKakuProN-W3″)   1.グラフ     II.スクリプトの説明     III.スクリプト   # ベーシックインカム…

Continue reading

Economy: アルゼンチンのニュースのグラフ, r, google sheets

1.アルゼンチンの金利が40パーセントに引き上げられました。 Argentina raises interest rates to 40%   2.金利40パーセントで10年経つと100万円は?   Google Sheetsでグラフを作成しました。 下のリンク先のページではインターアクティブに各年の額がポップアップ表示されます。   https://docs.google.com/spreadsheets/d/1ksZlLs_kU34ycKzo6Glj50ggJ3Z9gumNFTJGs2k4YMA/edit?usp=sharing     3…

Continue reading

Economy: GDP比国債依存率のグラフ, python, quandl, xkcd

Phthonを用いると、簡単にネット情報を取り込んでグラフにできます。   スクリプト   # import libraries import pandas_datareader as pdr import datetime import quandl import matplotlib.pyplot as plt plt.xkcd() jp_debt = quandl.get(“ODA/JPN_GGXWDG_NGDP”, start_date=”1980-12-31″, end_date= “2020-12-31”, authtoken = ‘YOUR API KEY’)…

Continue reading

Population: 日本の年齢階層別労働力の推移, python, quandl

ライブラリquandlを用いるとquandl上にある総務省統計局のデータから年齢階層別労働人口の推移を取得できます。 qandlを利用するのには登録が必要です。登録は無料ですがデータ内容と利用回数に制限があります。       DESCRIPTIONUnits = 10,000 persons and Percentage. The Statistics Bureau and the Director-General for Policy Planning (Statistical Standards) of Japan play the central role…

Continue reading

Population: 日本の人口構成の推移, Python, Quandl

ライブラリQuandlを利用しています。Quandlは、金融、経済に関わる情報(無料/有料)を提供しています。登録しない場合は、1日に50アクセスだけです。とりあえず無料で登録APIキーを入手すれば、下記のようなグラフを描けます。 1.日本の人口の推移 # 必要なライブラリをインポート import pandas_datareader as pdr import datetime  import quandl import matplotlib.pyplot as plt # データを読み込む jp_pop = quandl.get(“FRED/POPTOTJPA647N…

Continue reading