Population: 75歳以上の数は2050を超えて増え続ける

年齢グループ別の実数の将来推計をbbplotを用いてBBC風のグラフにしました。   第1章 高齢化の状況(第1節 1)   5年毎の推計ですが、2055年まで75歳以上の実数は増えています。     次にグラフのスクリプトを示します。特に次の2点が重要です。 Rは列名を数字で始めることを禁じているので通常のデータ読み込みではXがつきます。それを避けるためにchek.names=FALSEを用いています。 ggplot2で扱えるデータとするため、reshape2を用いてデータを横長から縦長に変更しました。 # import pacman pacman::…

Continue reading

R: GDP pppのシェアの推移をアニメーション, ggplot2, gganimate, Quandl

これはびっくり!gganimateでggplot2で作成したグラフをアニメにしました。Rではggplotは標準的なグラフ作成ライブラリですので、つううにグラフを描けば、それを簡単にアニメにできるようになったということです。   Quandlで中国、米国、インド、日本のGDPのシェア(%)の変遷をグラフにしました。 ggplot2でグラフにするには、縦長のデータにする必要があります。横長から縦長にするのにtidyrを使いました。 アニメーションの書き出し形式を選べるようですが、下はデフォルトのgifアニメーションです。 新しいライブラリなので、ネット上には古い式の書き方のものもあります…

Continue reading

Population: 世界人口の推移1/3, Python, seaborn, CodePen

I.将来の世界   これかの世界はどうなるでしょうか。通常のドルのレートでGDPを比べれば、日本は現在世界第3位ですが、購買力平価で比べれば、下に示されているように世界第4位です。 2050年には8位になることが予想されています。そして単に8位になるだけではなくて、人口減少と高齢化によるGDPの低下であることに注意すべきです。 The World in 2050   II.グラフとテープルのスクリプト   CIAのWord FactBookのデータをスクレープして、人口構成とGDPに関わるグラフや表を作成するスクリプトです。 PythonのJupyter Note…

Continue reading

Population: 世界人口の推移3/3, Python, seaborn

CIA World FactBookのPythonによるスクレーピングに基づくデータ分析の続きです。   プログラムの解説 Data Analytics with Python by Web scraping: Illustration with CIA World Factbook   プログラム CIA-Factbook-Analytics2.ipynb   25−54歳の人口比率とGDP(PPP)との相関をとりました。 次にあるスクリプトに基づくグラフです。GDP(PPP)が$2000 billionより多い国における相関を示すグラフで相関係数が0…

Continue reading

Population: World FactBookのスクレイプしてGDPと高齢化率と生産年齢人口率との相関, Python(not completed)

FBIのWorld FactBookのサイトをスクレイプして、インターネット利用率とGDPとの相関をグラフにするプログラムです。   プログラムの解説 Data Analytics with Python by Web scraping: Illustration with CIA World Factbook   プログラム CIA-Factbook-Analytics2.ipynb   グラフ       上記のプログラムをもとに高齢化率あるいは生産年齢労働率とGDP成長率との相関をグラフにしたいと思っていますが、現時点…

Continue reading

人口:三重県市町の推移Python

Pythonでグラフにしました。データは次です。   将来推計人口・世帯数           朝日町は、山形県、富山県、三重県にあるので順に1,2,3と番号をふりました。 しかし、あらかじめデータを識別できるようにするのは当然じゃないでしょうか。そのために多くの人が多大な時間を費やします。       Please follow and like us:…

Continue reading