Military: 原子爆弾について多くの人が知らない?こと

1.The Shinkolobwe mine   The forgotten mine that built the atomic bomb   広島と長崎に投下された原子爆弾の原料となったウラニウムのほとんどは、コンゴ民主共和国のShinkolobwe鉱山で産出されたものです。非常に質のよいウラニウムを産出するShinkolobwe鉱山は、マンハッタン計画の後も東西対立の核政策に翻弄されます。1960年にベルギーから独立し、公式には鉱山は閉鎖されましたが、いまも私的な採掘は行われウラニウムの影響に苦しむ人々がいます。   Democratic Republic …

Continue reading

Lecture: ベーシックインカムのグラフを作成, R

下記のページを参考にさせていただき、Rでベーシックインカムの所得モデルを描きました。   生活保護制度とベーシックインカムと負の所得税の違い   グラフを描いて、多角形やテキストをx軸、y軸で指定して重ねて描きます。 プロットに日本語を表示していますが、Macの場合は人後を表示するのに下の行を加える必要があります。   par(family=”HiraKakuProN-W3″)   I.スクリプト   # ベーシックインカム # 枠を作成 plot(NA, xlim = c(0, 80), ylim = c(0, 80)…

Continue reading

Economy: OECD8カ国の平均賃金の変遷, r

授業で日本の平均賃金をOECD各国のそれと比較します。 下のOECDの統計サイトでグラフを描くのにFlashの使用を求められました。 面倒なので、CSVファイルをダウンロードして、Rでグラフを描きました。 Webページでは列名に年がならぶ横長のデータですが、CSVファイルは、プログラムで扱いやすい”Time”列に年を配置した縦長のデータです。 当たり前と言えば、当たり前ですが、それが当たり前でないの日本の現状です。   OECD.Stat   スクリプト   # import a library library(tidyverse) # l…

Continue reading

Economy: 総雇用者所得について考える5_共通事業所の実質賃金について

総雇用者所得について考える1_pythonで総雇用者所得をグラフに 総雇用者所得について考える2_データの所在 総雇用者所得について考える3_再集計をグラフに 総雇用者所得について考える4_総合データもRなら簡単集計 総雇用者所得について考える5_共通事業所の実質賃金について   野党は調査委対象の事業所を入れ替えていない部分の実質賃金の上昇率を算出、公開するように求めています。もっともと思えますが、それほどこだわるべきものかという印象もうけます。 共通事業所の賃金についての国の見解は次のようなものです。実は、統計委員会の意見か厚労省の見解かちょっとわかりにくいのですが、たぶん、統計…

Continue reading

Economy: 総雇用者所得について考える3_再集計をグラフに

総雇用者所得について考える1_pythonで総雇用者所得をグラフに 総雇用者所得について考える2_データの所在 総雇用者所得について考える3_再集計をグラフに 総雇用者所得について考える4_総合データもRなら簡単集計 総雇用者所得について考える5_共通事業所の実質賃金について   I.厚労省発表の再集計   2019年1月23日に公開された再集計の名目賃金と実質賃金の指数をグラフにします。 2011年以前のデータが廃棄された?ということで、2012年からしからありません。2012年を基準にした指数よりグラフを作成します。   データ 毎月勤労統計調査  …

Continue reading

Economy: 総雇用者所得について考える2_データの所在

総雇用者所得について考える1_pythonで総雇用者所得をグラフに 総雇用者所得について考える2_データの所在 総雇用者所得について考える3_再集計をグラフに 総雇用者所得について考える4_総合データもRなら簡単集計 総雇用者所得について考える5_共通事業所の実質賃金について   統計不正の国会での議論はなかなか理解するのが難しいです。 厚労省がやったことは、2004年から全数調査をサンプリングで代替し、補正をおこなわず、2018年のみ修正し、この経緯を公表しなかったというものですね。 2004年から不正状態だったということですし、これだけではなく、他の基幹統計ににも不備、不正?があ…

Continue reading

Economy: 総雇用者所得について考える1_pythonで総雇用者所得をグラフに

総雇用者所得について考える1_pythonで総雇用者所得をグラフに 総雇用者所得について考える2_データの所在 総雇用者所得について考える3_再集計をグラフに 総雇用者所得について考える4_総合データもRなら簡単集計 総雇用者所得について考える5_共通事業所の実質賃金について   グラフのプログラムは次に書きました。   PyVizで雇用者報酬をグラフにする   I.「賃金構造基本統計」不正   統計が変わっても政策がかわらないなら、統計をちゃんと使っていないか、変わった程度が小さいかどちらかですね。 他の基本統計にも不正があったことがわかっていますが、…

Continue reading

Economics: 囚人のジレンマはアダム・スミスを否定?

ゲーム理論の説明として代表的な囚人のジレンマが理解できても、「だから?」「なんの意味があるの?」と思いますよね。 実際、ゲーム理論の説明や応用例としてあげられる例が、「そんなの当たり前じゃん!」と思えたり、現実にはうまくいきそうにない例であったりすることもしばしばです。 しかし、経済学部の学生なら、ナッシュがアダムスミスの間違え、たぶんハイエクの自由主義を否定、あるいは修正するものだと知ると、「へえ!?」となるかもしれません。 下はゲーム理論で有名なナッシュを主人公とした映画A Beautiful Mindの中で、ナッシュがアダムスミスの誤りを指摘する有名なシーンです。   [emb…

Continue reading

Economy: Modern Monetary Theoryについて考える ver. 1

I.信用創造(Money Creation)   私は大学の1、2学年は日本文学、3年で哲学に先行を変えました。1年生のときに教養の経済学を学びましたが、マルクス経済学でしたので、信用創造は学ばなかったと思います、、、1年生のときは学生運動に忙しくて語学以外はほとんど出席しませんでした。ですので、ここに書くことは素人のメモです。 学生のマクロ経済学の試験のお手伝いで貨幣乗数を計算しました。貨幣乗数をはじめに考えたのは英国のHenry Dunning Macleod(1821-1902)のようですが、現在の貨幣乗数に基づく貨幣供給理論はChester Arthur Phillips (…

Continue reading

Military: 軍事費の国際比較, julia ver. 6

I.何をする?   次のデータより軍事費を国際比較します。なお、集計はJuliaす。   SIPRI Military Expenditure Database   II.2018年のGDPに対する軍事費の割合上位30ヵ国の一覧   軍事費の対GDP比率が高い国は、国内外に紛争があったり、近隣諸国と緊張関係にあったりするのでしょうが、詳細を知きる地域は少なく、世界について無知であることを改めて実感しました。   │ Row │ country │ 2018 │ │ │ String │ Float64 │ ├─────┼────────────…

Continue reading