Python&R: クラウドで学ぶはじめてのプログラミング4, グラフを描くver. 5

赤字部分を修正しました。 I.Pythonの場合(ファイル名pythonGraph.ipynb)   私の担当する授業の出席状況のデータでグラフを描きます。データは次にあります。   https://pastebin.com/raw/jdawqqGm   データは、1回から6回までの出席のデータです。ただし、個人を特定できないように学籍番号を通し番号にし、一部データを修正しています。 idは通し番号です。departmentは学部です。yearは学年です。l1(エルイチ)-l6(エルロク)までが授業の回数です。 数字の前にアルファベットをつけたのは、Rでは列名を数…

Continue reading

Python&R: Excelでa, b, c, , ,を入力したい, google sheets, excel ver. 1

1.Google SheetsとExcelの場合   1, 2, 3, , ,はAutoFill入力できますが、a, bは、 a, b, a, b , , ,の繰り返しになります。a, b, c, d, e, f,を入力するのはどうしたらよいでしょう?     A3に次の式を書き、A4以下にペーストすれば、a, b, c, , ,を入力できます。   =CHAR(CODE(A2)+1)    2.Pythonの場合   sequenceとアルファベットのリストを取得して、dictionary を作成して、データフレームにしま…

Continue reading

Python&R: クラウドで学ぶはじめてのプログラミング5, histogram

現在グラフが消えています。近日修復する予定です。 データが与えられたら、まず、ヒストグラムか散布図を描きます。 今回は、histogram(度数分布グラフ)を取り上げます。histogramはy軸に度数(frequency)、x軸に階級(bins)をとったグラフです。   第4回ヒストグラムを描く   4_1.Python(ファイル名:pythonHistogram)   データの初めの5行を表示する式は次です。()の中に数字を書いて表示する行数を指定することができます。   データ名.head()    histogramを作成する…

Continue reading

Python&R: クラウドで学ぶはじめてのプログラミング3, csv読み込みと頻度のグラフ 改訂版2

第3回CSV読み込みと頻度の棒グラフ   データは次にあります。   https://pastebin.com/raw/5cttnVTx   3_1.Python(ファイル名:pythonCSV)   データフレームとして読み込むためにはPandasが必要です。 CSV(カンマ区切りのデータ)を読み込む式は次です。ダウンロードしたファイルはパス、ネット上のCSVの場合はそのURLを書き込みます。ただし、URLの場合はrawのページです。   pd.read_csv(“データのパスかURL”)    アンケートなので、選ばれた…

Continue reading

Python&R: クラウドで学ぶはじめてのプログラミング2, dataframes 改訂版1

データフレームは、Excelでおなじみのデータの形です。プログラムはいろいろはデータの形を扱いますが、なじみのあるデータフレーム(Excelの表のように行名や列名がある)から学ぶのが実用的です。   第2回データフレームの作成   2_1.Python(ファイル名:pythonPandasSeriesDataframe)   データフレームを作成するいくつか方法がありますが、ここではdictionaryを使います。学生a、b、c、dの第1回目と第2回目のテストの得点を順に書きます。 dictionaryは、key(下の図の[29]では’a’…

Continue reading

Python&R: クラウドで学ぶはじめてのプログラミング1, arithmetics 改訂版1

何を学ぶ   初めてプログラミングを学ぶ方のための解説です。学ぶ言語はPythonとRです。両方同時でも一方だけでも学ぶことができます。 PythonとRで実行したこととをGoogle SheetsとExcel Onlineでも実行します。これらと比較するとプログラミングが理解しやすくなります。 PythonとRは、Microsoft Azure Notebooksを使用します。PythonとR両方を使用でき、ライブラリもインストールすることができるので、両方同時に学ぶのに適しています。 フリーズして作業ができなくなった場合は、Kernel>Change kernelで他のke…

Continue reading

Python&R: 年齢の計算

I.Rで特定の日から現在までの年数   luburidateを使用します。 第二次世界大戦開始から現在までの年数を算出しましょう。years(1)の1は1倍という意味です。2であれば1/2になります。   library(lubridate) worldWarIIbegins <- mdy(09021939) today <- today() interval(worldWarIIbegins,today)/years(1)  > interval(worldWarIIbegins,today)/years(1) [1] 80.10383&nbs…

Continue reading

Excel&GoogleSheets: 日付の扱い

授業でExcelの日付、といっても、「セルに / をいれると勝手に日付に変わるので困るけど、こうしたらいい」のような話をしました。 日付の処理について、ExcelとGoogle Sheetsの扱いの違いをまとめました。   I.Excelの場合   下の図(Excel online)の2、3行目の書き方で”/”を書き込むことができます。ところで、書き入れてから表示形式を標準や数値に変更すると数字が表示されます。この数字は、1900年1月1日からの日数です。 6行-8行に示した計算ができることからも、日付は数字として処理されていることがわかります。 &…

Continue reading

Python&R: DataHubの使い方とJSONファイル

以前にDataHubの使い方について書きました。   総合データサイトDatahubの使用法   画像を多く入れているので、われながら時間をかけたなと思います。わかりやす書けていると思いますが、スクリプトの理解が間違っていますので、改めてデータの取得方法を説明し、RとPythonの両方で簡単なグラフを描きます。   I.Rで大気中の二酸化炭素量の推移をグラフにする   データは次のページにあります。   Trends in Atmospheric Carbon Dioxide   Data FilesにCSVのrawページへのリンクが…

Continue reading

Python&R: 気候変動関連データのグラフ ver. 1

気候変動について勉強しようと思っています。まずは、いろいろなデータを探してグラフを作成します。   1.気温の変遷   次のページにある平均気温の変遷をグラフにします。データが、はじめから縦長です。つまり、2つのソース名が、Source列にまとめられています。 seabornで簡単にライングラフを作成できました。   Global Temperature Time Series       to be continued Please follow and like us:…

Continue reading