COVID-19: ロックダウンの効果をどう測る, r ver. 2

素人のメモです。十分に調べずに書いている点もあります。各種情報をご確認ください。   I.ロックダウンの効果は?   日本では4月7日に緊急事態宣言が出され、その効果が2週間後にあらわれるとされています。また、人との接触を8割減らさないと、緊急事態宣言が長期化するとも言われています。 多くの人が、2週間後に感染者数なり、入院者数なり、死亡者数なりが減少に転じると考えているように思います。 8割の数字を政府に進言した西浦博北海道大教授は次の趣旨のことをTwitterに書き込んだという記事を読みました、、、Twitterの書き込みを確認していません。 ドイツの状況から感染者1人…

Continue reading

Chatbot: 作成のためのリンク集

チャットボット作りを再開したいと思いますが、しばらく離れていたので、まずは情報を集めです。 条件は、Pythonで作成できて、基本的に無料のものです。 ネットの検索でざっと見たところ、次の3件を見つけました。 まず、1からやってみようかと思っていますが、さらに、情報を集めます。   How to Build an Intelligent Chatbot with Python and Dialogflow Chatbots are cool! A framework using Python Building a Simple Chatbot from Scratch in Pyth…

Continue reading

Chatbot: 会話ロボットを理解する3(前処理とTF-IDF Approach), nltk

次の続きです。   Chatbot: 会話ロボットを理解する1(概要), nltk   Chatbot: 会話ロボットを理解する2(準備), nltk   Parul Pandey氏の次の文書を学びます。   Building a Simple Chatbot from Scratch in Python (using NLTK)       I.データの前処理(Text Pre-Processing with NLTK)   1.Converting texts into uppercase or lo…

Continue reading

Chatbot: Chatbotの基本, python, ntlk, Azure Notebooks ver. 3

I.チャットボットと会話   チャットボットの勉強を再開しましたが、だいぶ忘れています。 最近は、大手ベンダーが提供するプラットフォーム、Dialogflow (Google, formerly Api.ai)、Azure Bot Service (Microsoft)、Lex (AWS)、Wit.ai (Facebook)、Watson (IBM)などを利用することで比較的容易に高度なチャットボットを作成できますが、チャットボットの基本的な仕組みを理解したいので、まず、Parul Pandey氏の次の解説で学びます。   Parul Pandey, Building a …

Continue reading

Chatbot: 会話ロボットを理解する1(概要), nltk

Parul Pandey氏の次の文書を学びます。   Building a Simple Chatbot from Scratch in Python (using NLTK)   I.チャットボットの種類   チャットボットは大きく、プログラムで指定された通りに応答するタイプと機械学習をもちいた自己学習タイプにわかれます。 後者はさらに、プログラムで与えられた情報や対話から得た情報から応答を選び出すものと応答を自ら産出するものにわかれます。 ここで紹介するプログラムは応答を選び出す選出型のプログラムです。 Retrieval basedの場合、特定の文書、例えば…

Continue reading

Chatbot: Rasaに関わるエラーの対処 ver. 2

ネット上に様々なチュートリアルがありますが、多くのエラー出るので個別に対応が必要です。 ipykernel関連のエラーの対応が難しいので、Jupyter notebookを使用せずにコンソールでpythonを実行するのがよいようです。 Rasaインストールに関わり、依存ライブラリのバージョンを調整しているときに遭遇するエラーの対処法のメモです。随時加筆します。   I.prompt_toolkit関連のエラー   エラー表示   ImportError: cannot import name ‘Token’   対処法 &nbsp…

Continue reading

Chatbot: RASAの解説

チャットボットのフレームワークRASAのインストールにここ数日を費やしました。 チャットボットのプログラムの多くはクラウドを利用するのですが、RASAは単独で利用でき、オープンソースなのでチャットボットの仕組みを基礎から理解するのによいと思います。 いくつかの解説を試しましたが、いいところまでいくのですが、エラーに阻まれて、まだ最後までプログラムを実行できていません。 エラーの主な原因は、依存ファイルのバージョンの調整です。私はcondaで仮想環境を作り、RASAと関連ライブラリをインストールしているのですが、ダウングレードがうまくいかなかったり、必要なライブライがインストールできなかったりと…

Continue reading

Chatbot: Rasa関連ライブラリのバージョン調整 ver.1

RasaはPythonで使用できるチャットボットのフレームワークです。 クラウドではなく、ローカルにインストールするものですが、依存パッケージのバージョンのバージョンコントロースのためのリンク集です。随時更新します。 エラー表示をみて個別に対応しています。一つをダウングレードすると、別のライブラリと不整合になるということがよくおこります。   Rasaのインストールとバージョンの調整で参照するページのリンクを掲載します。   How to Build a Chatbot with RASA : Complete Guide   pip install rasa_n…

Continue reading

Chatbot: チャットでRasaの概要を理解する ver. 2

I.Rasaについて   オープンソースで、クラウドでなくダウンロードしてPythonでプログラムを書ける、Chatbotの学習にはうってつけですが、依存ライブラリオンバージョンの不整合でエラーになることが多くてPythonに慣れた人でも戸惑うと思います。 しかし、Rasaがどのようなものであるかは、インストールの手間をかけることなく、オンラインで確認することができます。   Step 2: Try it Out   II.用語の説明   Building a chatbot with Rasaからの引用です。   Rasa NLU: A na…

Continue reading

Chatbot: RasaのTry it outの会話のしくみ1

RasaはPythonで利用できるチャットボットのフレームワークです。 何もインストールせずにオンラインで利用できる次のTriy it Outは基本的なスクリプトやファイルの構造を理解するのに便利です。   Step 2: Try it Out   チャットボットのスクリプトというと難しそうなのでですが、基本はそれほどでもありません。 チャットのために必要とされるstories.mdとdomain.ymlとnlu.mdについて説明します。 会話の流れは、ボットが書き込みの意図を理解して反応します。この流れをstories.mdファイルに書き込みます。 ユーザーの書き込みは自…

Continue reading