R: tidyverseを使えるようになる2/5 ver. 1

II.tidyverseの使い方   次の解説にしたがって、実際のデータを用いて、tidyverseの使用法を学びます。   https://www.analyticsvidhya.com/blog/2019/05/beginner-guide-tidyverse-most-powerful-collection-r-packages-data-science/     Microsoft Azure Notebooksで実行します。クラウドですので、Rのインストールは不要です。 上の解説のデータではなく、自作の試験結果のデータフレームを使用し…

Continue reading

R: tidyverseを実際に使えるようになる1/5

I.まずは整理から   これまで何度かtidyverseについて書きました。ここで、実際に使えるtidyversのスキルを身に付けたいと思います。。 データ・サイエンティストの仕事の705-80%は、集計できるようにデータ整えることだと言われます。データ・サイエンティストでない私にも、それはよくわかります。 大学に勤務していたとき、数年間、在学生の学力試験や留学生の日本語学力試験の集計を担当しました。このブログにも書いていますが、はじめは、スマートフォンのZipGradeというアプリケーションを使いました。   https://www.zipgrade.com/%MCEPA…

Continue reading

R: 項目反応理論(IRT)のライブラリxxIRTの紹介

入学試験が学力判定試験やアンケート、特にビジネスに関わるアンケートや調査に応用できないかと考えて、項目反応理論を実行できるライブラリを探していて、RのxxIRTを見つけました。3年ほどまえに公開され、今年も更新されている新しいライブラリです。   https://github.com/xluo11/xxIRT   REEDMEファイルをざっと読んだところ、非常に詳しく解析できるようで、グラフも豊富です。 項目反応理論の内容も含めて、これから勉強するのですが、インストール方法を解説します。なお、Microsoft Azure Notebooksを使用してインストールしようとし…

Continue reading

R: Excelを捨ててプログラムの世界へ(超初心者向け), azure notebooks ver. 1

はじめてRにふれる方を対象にしています。 日常使いのExcelやスマートフォンの計算アプリの代わりにRを使えるようになります。確かに、ExcelよはRのほうが手間がかかりますが、プログラムの勉強になります。 クラウドを使用しますので、Rのインスールは不要です。   準備   インターネットに接続されているコンピュータ Microsoftのアカウント   I.Microsoft Azure Notebooksの始め方   Microsoft Azure NotebooksはオンラインでRを実行できる環境を提供しています。自由にライブラリをインストールできる…

Continue reading

Python&R: 支出記録の作成 ver. 2

表計算を使わず暮らしたいと思っています。私の場合、Google Sheetsを使っているのは、簡単な計算と毎日の支出の記録と資産管理です。 ここでは、支出記録をRとPythonのスクリプトを作成します。 単に毎日の支出を記録するだけの簡単なものですので、追記でききて、簡単な集計ができればよいです。   I.Rで支出記録を作成する   次のような簡単なものを作成します。支出に限って記録すると、支出の増減がはっきりわかるので、し支出の削減には便利です。予算をたてて管理すると、封筒に小分けしての支出管理と同じ効果が期待できます。 日付と店の名前と購入額の簡単なものです。ただし、当…

Continue reading

R: tidyverseで簡単にデータフレームに行を追加

家計簿をRで作成しています。ごく簡単な支出簿なので、既存のデータフレームに新しい支出を足すだけでよいです。tidyverseを使うと簡単にできます。 tibble(データたフレームの一種)を作成し、行を追加する方法を次の解説にしたがって紹介します。   https://tibble.tidyverse.org/reference/add_row.html   ちなみに、tidyverseは複数のライブラリを含む、いわゆるumbrella-packageです。Rを学ぶ場合も、はじめからtidyverseを使うことをお勧めします。   あまりに簡単なので、スクリプトと…

Continue reading

Python&R: ExcelもGoogle Sheetsもない暮らし? ver. 5

Excelは使うな、Excelhaもう古い、ビジネスでは有害だという記事を散見します。一方、日本の大学では、「Excelできないの?!」、「Excelできるなら、がんばってるってことね」というのをよく聞きますし、実際、Excelの資格は就職にも有効です。 私自身はExcelを使っていませんが、Google Docsは愛用しています。便利ですし、ファンクションをJavaScriptで作成できるところも気に入っています。 Excelや表計算が無用だというネット上の10ほど読みました。その主張は大きく次のように整理できます。   ビジネスではExcelではなく、そのビジネスにあったアプリケ…

Continue reading

Python&R: 仕事にExcelはいらない? ver. 1

私自身は大学で教える時以外はExcelを使っていないのですが、Google Sheetsは日常的に使っています。 タイトルでExcelの名をだして申し訳なかったですが、そもそも表計算は現在でも必要かについて考えたいと思います。 Excelは日本でもビジネス界で必須とされるソフトウェアです。しかし、Excelは古い、無用だという記事を最近よく見かけます。 もしそれが正しいなら、Excelを学ぶ必要はないし、Excelを使うのはマイナスだということになります。 私が大学で担当している授業はすべてコンピュータ教室を使用しており、受講生は毎回授業で作成したExcelのノートを提出しなければなりません。…

Continue reading

Python: 100%誰でもできる画風転換, google colaboratory

I.おそるべしGoogle Colaboratory   これまで画風転換についていくつか記事を書いてきましたが、Pythonのスクリプトを確認しがら画風転換するものでは、もっもやりやすい方法だと多います。 順番にスクリプトを実行していくだけでサンプルの転換画像が作成されまます。 一般にはすでに広く知られていたのかもしれませんが、私は最近知って、大変驚きました。「これだけ簡単にオンラインでできるなんて!いままでの苦労は何?Googleおそるべし!」というのがそのときの私の感想です。 Google Colaboratoryには、Neural Style Transferのチュートリアル…

Continue reading

R: ggplot2の拡張ライブラリで美しいグラフを作成, ggforce

Rの標準的なグラフ作成ライブラリggplot2の一般使用目的の拡張ライブラリで、 グラフは、私にはやはり色と形なので、とてもユニークで好きです。   The ggforce Awakens (again)   上の解説の通りで次のグラフが描けます。   1.どういう場合に使うのかわりませんが   library(ggforce) ids <- factor(c(“1.1”, “2.1”, “1.2”, “2.2”, “1.3”, “2.3”)) values <- data.frame( id = ids, value = c(3, 3.1,…

Continue reading