R: アニメ好きが始めるデータ分析 ver. 1

Mediumにアニメのデータの分析が紹介されていました。アニメに興味のある方はアニメでRを始めるのもいいですね。   Analyzing Anime data in R   上には、美しいグラフのスクリプトと解説があります。ただし、英文タイトルを日本語に変えました。     たぶん有料コンテンツですのでMediumを購読されていない方は見えないと思います。ちなみに、月額購読料は$5です。   データ元のアニメサイトは次です。   MyAnimeList   分析に使用したデータは、the Tidy Tuesday initi…

Continue reading

Python: リアルタイム顔認識, opencv, dlib

話すアバターをMacで無料でPythonを使って作成したいのですが、リアルタイム顔認識までできました。 Python、opencv, dlibを使用したリアルタイム顔認識のスクリプトと丁寧な解説が次にあります。   Real-time facial landmark detection with OpenCV, Python, and dlib   上に記載されているスクリプトどおりでよいのですが、次の点に注意する必要があります。   1.shape_predictor_68_face_landmarks.datを、作成したfacial_landmarks.pyと…

Continue reading

Python: command line argumentsとは?, argparse ver. 1

I.command line arumentsとは?   顔認識について学んでいて、argparse.ArgumentParser()に出会いました。プログラミングをまっとうに学んでいれば、当然知っているべき初歩的なことのようですが、なにぶん、我流の自己学習ですので、今回はじめて勉強することになりました。 command line argumentsはWeb開発やアプリケーションの作成には不可欠です。例えば、Pythonでプログラムを書いて、simple_example.pyと名付けたとします。 simple_example.pyにshibatauを指定して実行するとすると、&#82…

Continue reading

Python: PyCharmの基本的な使い方

I.PyCharmって?   私はがPythonでプログラムを書く場合、ダウンロードしたものではAnacondaに同梱されているJupyte NotebookかSpyder、クラウドではAzure NotebooksかGoogle Colaboratorを使用します。 PyCharmは、Jupyter NotebookやSpyderと非常に違うので、少し触ったことがあるだけでした。 PyCharmは、JavaScript、HTML/CSS、Angular JS、Node.jsなどをサポートしていてWeb 開発に適しているので、使い方をマスターしておきたいと思います。 PyCharmに…

Continue reading

Shell: ターミナルとBASH(初心者向け)ver. 3

BASHについて、Parul Pandey氏の大変わかりやすい解説がありましたので紹介します。プログラムをこれからはじめようという方のために、ターミナルの説明を加えて解説します。   Parul Pandey, Basics of BASH for Beginners.   I.ターミナルって?   プログラミングの勉強をRからはじめた場合は、あまり、ターミナルを開かなくてもよいかもしれません。しかし、Pythonからはじめるとターミナルを多用することになるでしょう。 Rでもいずれはターミナルを使うことになりますので、ターミナルについて知っておいてそんはありません…

Continue reading

Programming: 何を読むべき?

私の基本的情報は次の2つです。あとは、Google検索で得た知識です。   1.毎日読む   Medium   プログラミングやデジタル・グラフィックだけではなく、芸術や哲学、政治など幅広い話題にいての投稿サイトで、更新が非常に早い。Pythonの書き込みは非常に多いが、Rの記事は少ない。 無料でも読めるが最近は全体の1割以下かな?あまりに読めない投稿が多いので、数日前から年契約50ドルを払ってすべて読めるようになった。 しかし、リンクをいれても無料公開されていないものと同じ内容を書くことはできないので、このブログに紹介するのにはオリジナルの内容を入れることが必要…

Continue reading

R: tidyverse or data.tableどちらを使いますか?

Tidyverseの出現によってRは易行(いぎょう)になったと思っていて、最近はもっぱらtidyverseを使っています。 でも、ネット上では、tidyverse versus data.tableのようなタイトルを見かけることよくあり、「datata.tableって何?」、「どこがtidyverseより優れてるの?」と思っていました。 調べたところ、大変わかりやすい説明がありました。   Tidy Data: Why It Matters, the data.table Way   それでも、tidyverseをご存知ない方にはわかりにくかと思いますので、少し補足して解説…

Continue reading

Python: PDFの表を読み取るCamelotの設定 ver. 1

CamelotはPDFファイルの表を読み取るためのPythonのライブラリです。 Pythonには他にもいくつかPDFファイルの表を読み取るライブラリがありますが、Camelotの特徴は、表の特徴に応じて設定できるところです。   I.Camelotの解説   全般的な解説   Camelot: PDF Table Extraction for Humans   表の種類に応じた設定(Tabulaとの比較)   Comparison with other PDF Table Extraction libraries and tools &nbs…

Continue reading

Python: PDFの表を簡単に取得, camelot, tabula, ver. 2

だれでもPDFのデータを取得するのに苦労した経験があると思います。データとしては、一般に文字、表、画像からなっていますが、そのうちPythonを用いた表データの取得方法について書きます。 HTMLとは異なり、PDFの場合、見た目は表でも一般のテキストと同じ形式で書かれていますので、表を見つけだしてデータを取得するのが難しいです。 PythonにはPDFの表データを取得するライブラリがいくつかありますが、よく用いられているのにtabulaとcamelotがあります。tabulaが後発で機能的にすぐれていると言われています。 両者と比較しているサイトがありましたので、サンプルPDFのいくつかを取り…

Continue reading

Python: 顔認識対応アバターを作成 ver. 2

I.目標   次のように話者の表情に同期するアバターを作成したいです。     Facerigを使用していますが、FacerigはMacには対応していません。 Macで同様のことをしたいのですが、お金か手間かの選択になります。ここでは、手間がかかってもお金のかからない方を選びます。 Mac環境でPythonのスクリプトが少しわかるという前提で、どこまでできるかわかりませんが、できたところまで順次書き込みます。   II.条件   macOS Mojave Version 10.14.5 Xcodeインストール済み(App store) Home…

Continue reading