Inspiration: 影響を受けた人と本

I.影響を受けた人と本   1.Wittgenstein   Logisch-Philosophische Abhandlung   Philosophische Untesuchungen   コメント   大学院のとき、Carnapが専門の先輩の影響を受けて、マルクス系、実存系から言語哲学系に転向して、ドイツの哲学者Wittgensteinを専門としました。現在の私の考えは、特に上の2つに依存しています。   2.Fyodor Dostoevsky   The Brothers Karamazov   リンク …

Continue reading

Inspiration: レストランにAI? ver. 1

統計解析、機械学習、AIなどが、実際のビジネスでどのように役立つかについて考えたいと思います。 AmazonやGoogle他の大企業はITで成長したようなものでしょうが、ごく小さな個人事業でITをどのように導入するのが有効かについて調べます。 一般に、働いている人は職場のIT化には抵抗を示しがちです。実際当初は、勉強も必要ですし、仕事も増えるので労働者自ら率先してIT化することはまれだと思います。 ですから、ITは「無理やり」導入するものだと思います。手間がかかっても、どこに入れるのがもっとも有効かを考えて「無理やり」いれる、うまくいかなければ、やめるのではなくて改善する、、、そうでなければ永…

Continue reading

Inspiration: 今やっていることと、これからやりたいこと, coggle

在職中は、Adobeでは、Illustrator、Photoshop、Premiere、After Effects、InDesign、Captivateなど、Microsoftでは、Word、Exceなど、Appleでは、Numbers、Keynoteなどを使っていましたが、退職とともにほとんどを「捨てて」に大幅に入れ替えました。できるだけ、オープンソースのものを使うようにしています。 で、プログラミングも含めて、現在勉強あるいは使用しているもの、これからやろうと思っているものをまとめて、coggleで描きました。 プログラムは、今のところPythonとRの勉強が中心です。JavaScript…

Continue reading

Inspiration: ブログの構成, coggle

最近はPythonとRとGoogle Sheetsにかかわる書き込みが多いです。 Coggleでこのブログの主な構成を示しました。これまでのものに日本語のコメントを加えました。   これは画像です。   Coggleへのリンクです。 https://coggle.it/diagram/XCWtC58wsGyn48x2/t/think-it-aloud/a8c7c32b4d17dd138ce30e27f3f1ad56d41d89f6f453c6c1fec44d449e8fd25f   Coggleを公開しました。     本サイトのトップページ右…

Continue reading

Inspiration: PlatformとFrameworkとLibraryの区別

チャットボットを作成するプログラムの解説を読んでいて用語が理解できなかったので、PlatformとFrameworkとLibraryの区別を調べて図にしました。 私の理解は次のようです。完全には理解できていませんので、間違いに気づいたら適宜修正します。   Platform ハードとソフトに関わるもので、CPU architectureやOSのことでです。Pythonの場合、WindowsやmacOSやLinuxのプラットフォームに対応しています。 下の図では、土地や土台部分にあたります。   Framewok プログラムを作成する際の骨組みとなるもので、Pythonの場合…

Continue reading

Inspiration: programming for finding the root one from inflectional forms of any verb

I,「-ます」形から辞書形を導き出すプログラム   ずっと以前に日本語の授業のために作成した「-ます」形から辞書形を導き出す規則です。       私が教えている大学の留学生は一般に読むより会話のほうが得意です。 ですから、辞書を引くのに、「-ます」形から辞書形を導き出す規則もそれなり意味があると思いましたが、実際には、それぞれそのまま覚えたほうが早いでしょうねえ。 学習には役立たなくても、規則化するのは「よいこと」なので、Phthonでプログラム化したいです。 日本語の場合は文節を選び出すのが難しいと思うのですが、機械翻訳ではどうやっているのでしょう?…

Continue reading

Inspiration: 試験結果による適正なクラス分け

I.クラス分け問題   退職前の数年、入学時の留学生日本語学力試験を担当しました。 日本語学力試験の試験結果によって日本語のクラスをわけますが、試験の配点によってクラスの構成は大きく変わります。適切なクラス分けについて悩みました。   四日市大学における教育の ICT 化   ひょとすると、項目反応理論(IRT)による配点適正化理論としてすでに解決されているのかもしれませんが、私は情報をもっていません。 一般に、これまでは試験実施者が適当に問題をグループ化し、実施者の感じる「難易度」によって配点を決めてきましたが、IRTによって「受験者サイドの試験」が実現できる可…

Continue reading