Inspiration: 二次方程式(Quadratic Equations)の新しい解き方 corrected

ax² + bx + c = 0の新しい解き方をご紹介します。 The New York Timesの解説が次にあります。有料記事ですが、現在講読料は週0.5ドルと格安になっています。   This Professor’s ‘Amazing’ Trick Makes Quadratic Equations Easier   記事を読むとアメリカでも同じようですが、日本でも解の公式を習う前に中学校で、いわゆる「たすきがけ」の試行錯誤的な解の見つけ方を学びます。 試行錯誤ではなく式で答えが出た方がすっきりしますし、試行錯誤法は解の公式とちがって限られた場合にのみしか使えません。…

Continue reading

Inspiration: 影響を受けた人と本

I.影響を受けた人と本   1.Wittgenstein   Logisch-Philosophische Abhandlung   Philosophische Untesuchungen   コメント   大学院のとき、Carnapが専門の先輩の影響を受けて、マルクス系、実存系から言語哲学系に転向して、ドイツの哲学者Wittgensteinを専門としました。現在の私の考えは、特に上の2つに依存しています。   2.Fyodor Dostoevsky   The Brothers Karamazov   リンク …

Continue reading

Inspiration: 試験結果による適正なクラス分け

I.クラス分け問題   退職前の数年、入学時の留学生日本語学力試験を担当しました。 日本語学力試験の試験結果によって日本語のクラスをわけますが、試験の配点によってクラスの構成は大きく変わります。適切なクラス分けについて悩みました。   四日市大学における教育の ICT 化   ひょとすると、項目反応理論(IRT)による配点適正化理論としてすでに解決されているのかもしれませんが、私は情報をもっていません。 一般に、これまでは試験実施者が適当に問題をグループ化し、実施者の感じる「難易度」によって配点を決めてきましたが、IRTによって「受験者サイドの試験」が実現できる可…

Continue reading

Inspiration: programming for finding the root one from inflectional forms of any verb

I,「-ます」形から辞書形を導き出すプログラム   ずっと以前に日本語の授業のために作成した「-ます」形から辞書形を導き出す規則です。       私が教えている大学の留学生は一般に読むより会話のほうが得意です。 ですから、辞書を引くのに、「-ます」形から辞書形を導き出す規則もそれなり意味があると思いましたが、実際には、それぞれそのまま覚えたほうが早いでしょうねえ。 学習には役立たなくても、規則化するのは「よいこと」なので、Phthonでプログラム化したいです。 日本語の場合は文節を選び出すのが難しいと思うのですが、機械翻訳ではどうやっているのでしょう?…

Continue reading