Inkscape&Krita&SketchBook: 幾何学的図形と文字曲線配置, ver. 1

I.何を描く?   次の図の幾何学模様の描き方(SketchBook Pro)と文字の曲線への配置(Inkscape)の使用法について説明します。   Voynich Manuscriptの図をまねました。     Vynich Corpusをまねた図を背景にして、Voynich Manuscriptが言語であることを示す?グラフをRで描きました。     II.描画のポイント   幾何学模様はKritaかSketchbook Proで描く。 文字の曲線配置はInkscapeで行う。   III.幾何学模様の描き方…

Continue reading

Images: 切り抜き, gimp, inkscape, krita, sketchbook ver. 2

名刺やパンフレットを作成するとき、画像を切り抜きたいことがよくあります。Gimp, Inkscape, Krita, Sketchbook、それぞれの方法を紹介します。   元画像   切り抜いた画像   サンプル画像は、ドイツの哲学者WittgensteinのWikipediaの画像を、Pythonの機械学習のStyle Transferを実行して作成したものです。   誰でもできる画風転換, google colaboratory   切り抜き方法を紹介する前に、各アプリケーションの用途についてまとめておきます。Sketchbook Pro…

Continue reading

SketchBook: アニメーションの作成方法

SketchBookでシンプルなアニメーションを描きました。 オニオンスキンを使うことができますさらに、iPadならSketchbook motionを使って次のような楽しいアニメーションを簡単につくれます。両方とも無料で提供されています。       1.SketchBookのダウンロード   SketchBook を無償で提供します!   2.解説   Animation     3.作成例       Please follow and like us:…

Continue reading

SketchBookの使用法:一部を目立たせる, color adjustments

SketchBookを用いて、簡単に一部を目立たせる方法を紹介します。   元の画像       一部を強調した画像     Magic wandで同色の色をうまく選択するのがポイントです。 あとは、強調したい部分を別のレイヤーに移し、元画像をグレースケールにして重ねるだけです。もちろん、色や鮮明度などいろいろ工夫できます。   Please follow and like us:…

Continue reading

SketchBook: 一点、二点、三点投影図法 ver. 5

参考:What is one, two and three point perspective?   I.遠近法(linear perspective)   SketchBookには遠近法ツールがあり、一点、二点、三点、魚眼遠近法に従った直線を簡単に描くことができます。 どれを選ぶかは、対象に依存します。例えば、対象を正面から見ているなら一点、斜めから見ているなら二点、上下の角度から見ているなら三点、魚眼レンズのように描きたければ魚眼を選びます。 しかし、一つの絵には一つの遠近法ということではないので、結局対象をどう描きたいかで決めればよいのだと思います。 私のように絵が下…

Continue reading

SketchBookの使用法:写真からイラストを描く

I.はじめから、簡単に面白い作品を   私は何事も基礎から勉強するというのが苦手です。 絵がめちゃめちゃ下手なので、コンピュータの力を借りて少しでもうまく描けるようになりたいと勉強を始めましたが、やっぱり、はじめからそれなりのものを描きたい、描きながら勉強できる方法を試しています。   II.写真をイラストに   今回は、SketchBook Proで写真をイラストにする最も簡単な方法を紹介します。 写真をイラストにするので、レベルに応じて勉強になりますし、単純な模写でも、それなりに面白い作品を描くことができます。 やり方は簡単で、写真の輪郭を写して、Flood …

Continue reading

SketchBookの使用法:Flood Fill「塗り」

ベクター系の描画ソフトなら、線と面の色を自在に調整できますが、ラスター系は簡単ではありません。 ラスター系エディタのSketchBookでは、線に囲まれた面に色をつけるのにFlood Fillを利用することができます。 How to use Flood Fill Pro版では、選択範囲を調整(Tolerance)できるので、だいたいきれいに彩色できますが、ストロークの交点は個々ブラシで描く必要があります。     練習にネット上の画像の一部を模写し、Flood Fillで彩色しました。単に線をなぞって色をつけるならば、ベクター系ソフトの方が短時間で完全なものができると思いま…

Continue reading

Sketchbook の使用法:shading

Sinfigのような3DCG作成ソフトなら、まず、カメラと光と対象物の関係を指定すると、立体の陰影が描かれます。 Sketchbookのような2DCG作成ソフトの場合は、自分で描く必要があります。 練習に二方向から光があたっている球を描きましたが、ごく簡単にできます。 円を描き、Flood Fillで彩色し、Lock Transparencyをロックして、エアーブラシで陰影をつけます。   Please follow and like us:…

Continue reading