SketchBookの使用法:重ねて描く, predictive stroke

次のページのInktober画像に重ねて描いて、ブラシの練習しています。   INKTOBER WRAP UP: WEEK ONE   そのまま描ければ一番でしょうが、うまく描けないので、Predictive Strokeを設定して描きました。 太めのブラシで描くところと、塗りつぶし(Color Fill)を使い分けるのがこつです。     Please follow and like us:…

Continue reading

SketchBookの使用法:一部を目立たせる, color adjustments

SketchBookを用いて、簡単に一部を目立たせる方法を紹介します。   元の画像       一部を強調した画像     Magic wandで同色の色をうまく選択するのがポイントです。 あとは、強調したい部分を別のレイヤーに移し、元画像をグレースケールにして重ねるだけです。もちろん、色や鮮明度などいろいろ工夫できます。   Please follow and like us:…

Continue reading

SketchBook入門5:線を描くツール, Ellipse, Ruler, Predictive Stroke, Steady Stroke

グラフィック・ソフトウェアは、ピクセル単位で編集するペイント・ソフトとベクタ形式とするドロー・ソフトに分けられますが、SketchBookは前者のペイント・ソフトです。 ペイント・ソフトではふつうベジェ曲線を描けないので、ラインを描くのは描く人の実力によるところが大きいです。ですから、直線や曲線をうまく描けるようになるには相当の努力が必要です。 私もいまだにうまく描けないのですが、SketchBookにはいくつか手助けしてくれるツールがありまます。 今回は、Ellipse, Ruler, Predictive Stroke, Steady Strokeを紹介します。    …

Continue reading

SketchBook入門4:一点、二点、三点投影図方 ver. 5

参考:What is one, two and three point perspective?   I.遠近法(linear perspective)   SketchBookには遠近法ツールがあり、一点、二点、三点、魚眼遠近法に従った直線を簡単に描くことができます。 どれを選ぶかは、対象に依存します。例えば、対象を正面から見ているなら一点、斜めから見ているなら二点、上下の角度から見ているなら三点、魚眼レンズのように描きたければ魚眼を選びます。 しかし、一つの絵には一つの遠近法ということではないので、結局対象をどう描きたいかで決めればよいのだと思います。 私のように絵が下…

Continue reading

SketchBook入門2:ブラシを使う

I.ベーシック・ブラシで描く     II.多様なブラシで描く   1.ブラシのインストール 無料のブラシがたくさんあります。ブログからブラシをダウンロードします。   FREE BRUSHES EVERY WEEK: CALUM WATT’S BRUSH SET   2.様々なブラシ     3.黒板にチョーク・ブラシ     Please follow and like us:…

Continue reading

SketchBook入門1:事前準備

I.SketchBookの特徴   無料である。 なめらかに楽しく描ける。 無料でインストールできる多様なブラシがある。 描画を補助する十分なツールがある。 オニオンスキンを利用してアニメーションを作成できる。   II.必要なもの   1.インストールは無料です。   SketchBook を無償で提供します!   2.筆圧を活かすにはペンタブレットが必要です。   ペンタブレット   III.困った時に備えて   1.配置が乱れたら初めの配置にもどします。   Windows > Default…

Continue reading

SketchBookの使用法:画像修正

SketchBookなら既存の画像を簡単に修正できます。卒論に役立つかも! SketchBook を無償で提供します!   画像を読み込む 拡大する magic wandで特定の色の範囲を選択 Qick Transformで移動、拡大、変形する 文字を書き込む フォントと色を選ぶ     Please follow and like us:…

Continue reading

SketchBookの使用法:解説画像の作成

最近Pythonのプログラムにはまっててプログラムの解説の記事が多くなっていますが、解説画像はSketch Bookで作成し、そのスクリーンショットをブログにアップしています。 今回はSketchBookの簡単な解説画像の作成方法を紹介します。 SketchBookは書き味がとてもよいので楽しく描画できます。ぜひペンタブレットをつかってす書き味のよさを体験してください。 ところで、驚くことにSkechBook Proが無償になりました。   SketchBook を無償で提供します!   1.起動時の画面   ペンや筆はあらかじめ付属していますが、ネット上に公開さ…

Continue reading

SketchBookの使用法:授業の課題作成

私の授業では毎回授業ノートをMOODLE上に提出します。 Excelでノートを作成する場合が多いので、授業の初回はExcelの基本的な使い方を学びます。 下の画像は、Excelの基本を学ぶための課題です。 「表に規則性を見出してエクセルに再現しなさい。その際、足し算、引き算などの演算子を使いなさい。また、オートフィルを使うと便利です。」 HTMLのテーブルだとコピーすれば見た目できてしまうので、課題を画像で示したほうが適切です。     こういう課題画像を作成するのに、SketchBookは大変便利です。 簡単に画像を読み込み質問を書き込めます。 もちろん、画像のどの部分で…

Continue reading