Inkscape: マウスでOK、すぐできるクリップアートの描き方 ver. 1

I.何をする?   次のクリップアートをInkscapeで作成します。Inkscpaeはオープンソースの描画アプリケーションで、ベクトル画像を描くことができます。     ペンタブレットは不要です。マウスだけで描けます。 円や四角のツールを使って描きますので、絵の美味い、10分程度で描けます。初心者の方も簡単ですが、次の知識が必要です。   レイヤー フィルとストローク ベジ絵曲線とテキスト   II.レイヤーの使用法   ファイルを適当な設定(デフォルトで0K)で作成します。 レイヤーで分けて書く必要がありまます。レイヤーは透明のシ…

Continue reading

Krita: 誰でも描ける四角と円の世界2 vector layers, transform mask ver. 3 not complete

I.四角と円の世界   誰でも矩形と円を変形するだけなので簡単に描けます。    手順 Vector layerで矩形と円を描き、適当に拡大、縮小、移動する。 Paint Layerにコンバートして黒のフィルをいれる。 Paint Layerで大きな円を描きフィルをいれる。 上にTransform layerを加え、でこぼこにする。   Draw circles and squares     Move and transform them       II.解説   to be continu…

Continue reading

Krita: Assistant toolのPerspective Grid(遠近法にしたがった方眼)の使い方

I.どう描きますか?   次の図をどう描きますか?シンプルですが、いざペンをもって描くとなると、手間がかかりそうです。     II.Kritaなら簡単   KritaのAssistant Toolを使えば簡単に描けます。次の図のはい色のラインがAssistant Toolのラインです。一見ややこしそうですが、線をなぞるだけなので簡単です。マウスでもOKです。     III.Assistant Toolの使用法   1.投影図法   上の図は二点投影図法(two point perspective)で描かれていま…

Continue reading

Inkscape&Krita&SketchBook: 幾何学的図形と文字曲線配置, ver. 1

I.何を描く?   次の図の幾何学模様の描き方(SketchBook Pro)と文字の曲線への配置(Inkscape)の使用法について説明します。   Voynich Manuscriptの図をまねました。     Vynich Corpusをまねた図を背景にして、Voynich Manuscriptが言語であることを示す?グラフをRで描きました。     II.描画のポイント   幾何学模様はKritaかSketchbook Proで描く。 文字の曲線配置はInkscapeで行う。   III.幾何学模様の描き方…

Continue reading

Krita&Inkscape: 名刺の作成法1

Krita&Inkscape: 名刺の作成法1 Krita&Inkscape: 名刺の作成法2   I.名刺を作成する方法   一般に次のような作成方法があると思いますが、ここでは、5と6の作成方法をご紹介します。   1.オンラインで業者に注文   業者が提供するテンプレートをそのまま使っても、自前のロゴや画像をいれても、ふつう、値段はかわらない。 100枚1000円程度で安価である。 個人のプリンターより格段にきれいに印刷される。 cons   多くは100枚単位なので個人使用だと多すぎる。 制作単位が多いので、いろいろなデ…

Continue reading

Krita: 絵の一部を移動するには, clone tool

I.どこかへん?   有名なマネの絵ですが、ちょっと変なところがあります。どこかわかりますか?   KritaのAssistant Toolのvanishing pointでラインを加えています   ÉdouardManetのLuncheon on the Grass (Le déjeuner sur l’herbe) です。へんなところが1箇所あります。もちろん、元来この絵には「へん」なところ(革新的なところ)がたくさんあったため、19世紀のフランスで一大センセーションを巻き起こしたことはよく知られています。 これについては、下のリンクにわかりやすく…

Continue reading

SketchBook: 一点、二点、三点投影図法 ver. 5

参考:What is one, two and three point perspective?   I.遠近法(linear perspective)   SketchBookには遠近法ツールがあり、一点、二点、三点、魚眼遠近法に従った直線を簡単に描くことができます。 どれを選ぶかは、対象に依存します。例えば、対象を正面から見ているなら一点、斜めから見ているなら二点、上下の角度から見ているなら三点、魚眼レンズのように描きたければ魚眼を選びます。 しかし、一つの絵には一つの遠近法ということではないので、結局対象をどう描きたいかで決めればよいのだと思います。 私のように絵が下…

Continue reading

Gimp: はじめてでもですぐに写真を「思った」ように ver. 3

たまに写真をアップすることがあります。昔はPhotoshopを使っていましたが、今はGIMPです。どちらというとPhotoshopのほうが直感的に使いやすいでしょうが、GIMPはオープンソースで無料ですし、印刷するのではなくて、Web上においたり、スマーフォフォンで楽しむ写真なら簡単に加工できます。 スマートフォンでもデジタルカメラでも撮った写真、「思ったもの」と違います。「思ったもの」というのは、シャッターをきったときのイメージでも、加工している今思っていることでも、どちらでもかまいませんが、ともかくそのままは「思ったもの」とは異なっています。 私は写真の知識がありませんし、また、画像処理の…

Continue reading