Krita&Inkscape: 名刺の作成法2

III.Kritaで作成   1.作成したサンプル   a.職業名刺:Kritaのブラシで作成   画像もKritaで描きました。ブラシで色を変えて重ね書きしただけです。文字部分のフォントは氏名をのぞいてPapyrusを用いています。一般に、フォントを統一した方がよい仕上がりになります。     b.職業名刺:Rのプログラムで作成した図を使用   Rの次のスクリプトで作成したBB-2のイラストをいれました。   Building a bb8 droid with R and ggplot2   BB-2の下の文字の…

Continue reading

Krita&Inkscape:名刺の作成法1

I.名刺を作成する方法   一般に次のような作成方法があると思いますが、ここでは、5と6の作成方法をご紹介します。   1.オンラインで業者に注文   業者が提供するテンプレートをそのまま使っても、自前のロゴや画像をいれても、ふつう、値段はかわらない。 100枚1000円程度で安価である。 個人のプリンターより格段にきれいに印刷される。 cons   多くは100枚単位なので個人使用だと多すぎる。 制作単位が多いので、いろいろなデザインのものを制作しにくい。 自作に比べて費用がかかる。枚数が多いとあまりかわらないかも。 印刷前に試し刷りができない。 &n…

Continue reading

Krita: 破線(はせん)の描き方

Kiritaの初歩的な使用法についていずれまとめたいと思っていますが、破線の描き方をメモしておきます。 いくつか描きたがありますが、はじめから最後まで同じ濃さのブラシを選びます。 書き始めが丸型か角形化によって破線が円になるか矩形にになるかが決まります。 次にF5押して、SpacingのAutoのチェックを外して、間隔を2.0以上で調整します。   Please follow and like us:…

Continue reading

Images: 切り抜き, gimp, inkscape, krita, sketchbook ver. 2

名刺やパンフレットを作成するとき、画像を切り抜きたいことがよくあります。Gimp, Inkscape, Krita, Sketchbook、それぞれの方法を紹介します。   元画像   切り抜いた画像   サンプル画像は、ドイツの哲学者WittgensteinのWikipediaの画像を、Pythonの機械学習のStyle Transferを実行して作成したものです。   誰でもできる画風転換, google colaboratory   切り抜き方法を紹介する前に、各アプリケーションの用途についてまとめておきます。Sketchbook Pro…

Continue reading

Krita: 始め方

Kritaを久しぶりに使いました。バージョンは4.2.7.1です。 使い方をほとんど忘れていますので、備忘録もかねて簡単な使い方をメモします。 ひさしぶりに使いましたか、ブラシは大変使いやすいと思います。 もらい物の古いペンタブレットWacom Intuos4 PTK-640を使っています。   I.Kritaのインストール   Download   ペンタブレットを使う場合、対応するタブレットのドライバをインストールします。そのままの設定で一応使えると思います。   II.はじめて描く   起動して、File>New>Custom…

Continue reading

Inkscape&Krita: 文字を曲線に並べる ver. 1

I.何をする?   名刺に入れる画像を作成します。次のmishouが描いたロゴを、下のように左右反転させて文字を入れます。     元画像     完成画像   II.どのアプリケーションを使う?   Illustratorで描くのが一番簡単ですが、現在はIllustratorを持っていませんので、他のアプリケーションでJPGファイルを読み込んで文字を重ねたいと思います。 印刷するとなると、自分で印刷するにしても、業者にだすにしても、デジタル表示のRGBカラーモデルではなく、印刷用のCMYKカラーモデルでないと色が乱れます。…

Continue reading