Gimp: 写真の不要なものを簡単に削除, clone tool

I.どうしたい?   今、機械学習で画風転換をいろいろ試しています。 元画像に飼っているうさぎの写真を使おうと思いましたが、「不要なもの」が写っています。 元画像はよい加減なものでよいのですが、さすがに次のように手をいれたいです。     Gimpなら簡単です。ちなみに、Gimpはオープンソースで無料です。   II.Gimpを起動して画像を表示   1.File > Openでうさぎの写真を選択   2.ズーム     III.「不要なもの」を削除   対象をうまく消せるかどうかは、背景によります…

Continue reading

Blender : 顔の動きをPythonでとらえる

すごいと思ったのでメモしておきます。 3Dアニメーションは、Blenderを学び始めたところであまり理解していませんが、顔の表情を一つずつ描く、あるいは、既成のものから選択するより、実際の顔を真似た方が豊かな表情になるでしょうねえ。 顔にマークを描いて、PythonのプログラムでBlenderに読み込んでいるでしょう?プログラムを公開している?     基本的には、次と同じですよね?   映画だと:     ゲームだと:Ellen PageのファンなのでBeyond Two Soulsから     これは、以前に私がプログラ…

Continue reading

Gimp: はじめてでもですぐに写真を「思った」ように ver. 3

たまに写真をアップすることがあります。昔はPhotoshopを使っていましたが、今はGIMPです。どちらというとPhotoshopのほうが直感的に使いやすいでしょうが、GIMPはオープンソースで無料ですし、印刷するのではなくて、Web上においたり、スマーフォフォンで楽しむ写真なら簡単に加工できます。 スマートフォンでもデジタルカメラでも撮った写真、「思ったもの」と違います。「思ったもの」というのは、シャッターをきったときのイメージでも、加工している今思っていることでも、どちらでもかまいませんが、ともかくそのままは「思ったもの」とは異なっています。 私は写真の知識がありませんし、また、画像処理の…

Continue reading

Gimp: Gimp 2.10.12ならMacでもG’MICが使える

I.Mac使用者に朗報   GIMPのフィルターのプラグインG’MICが、最新版のGIMP 2.10に対応しました。 Macでは、GIMPにG’MICをインストールするのは難しかったです。私はGIMPのバージョンを2.8に落としてG’MICを使っていました。 久しぶりに、G’MICのサイトを見たところ、GIMP 2.10に対応していることに気づきました。 さっそくダウロードして、下の手順インしたがってインストールしたところ、私の環境ではFiltersのリストにG’MICが表示されませんでした。   The 8 Be…

Continue reading

Blender: はじめてでもすぐにアニメーション

3Dはじめて、2Dでも絵は苦手という方がBlenderを始めるとすると、Grease Pencilで文字を描くことから学ぶことをオススメします。   I.何が必要?   Blender 2.8が動くコンピュータ ペンタブレット:今回紹介する文字はマウスでも描けます。でも、興味がわいたらペンタブレットをお勧めします。描くのが楽ですし、筆圧を反映できたほうがずっと楽しいです。コンピュータのディスプレイをみて描くのは難しそうに思いますが、すぐに慣れるので高額の液晶タイプでなくてもよいと思います。はじめてなら、5、6千円ぐらいので十分ですし、いたみにくいので中古という手もあります。…

Continue reading

Blender: PythonスクリプトでGenerative Art ver. 1

Blenderをあまり使えないので、Pythonのスクリプトをどこかからもらってきたら、それなりの3Dを描けるだろうと思い、BPY(BlenderのPython)の情報を集めていました。 幾何学的に複雑な3D画像やそのアニメーションの作成方法が次に解説されているの見つけました。なんどかチャレンジしましたが、スクリプトの意味がはっきりわからないこともあって、なかなかうまくいきませんでしあ。   Blender 2.8 Grease Pencil Scripting and Generative Art   それでも、試行錯誤の結果、やっとできるようになりましたので記録しておき…

Continue reading

Blender: 日本語の表示

Blenderで日本語テキストをいれるのは簡単です。 Addでテキストを追加して、下のようにa(ContextのOject Data)のFontでコンピュータ上の日本語フォントを選びます。 2バイト文字は直接書き込めないので、他で書いてそれを貼り付けます。 次の文字は、set fontを使わせていただきました。形も美しいですが、「鸞」も表示されるのはすごいです。さらに、2D文字とnotationsを加えました 。     Please follow and like us:…

Continue reading

Blender: SVG画像を3Dに, Inkscape, python

以前、mishouが小説をテーマにしていたT-shirtsを作成していて、次はT-shirts作成サイトで使っていたロゴの一つです。これはInkScapeで作成したSVG画像です。ドットではなく、いわば式で描かれいているので拡大しても劣化しません。この画面を拡大しても、下の画像は劣化しないはずです。     SVG画像をBlenderで読み込んで3Dに加工しました。3Dに合うように形を少し変えています。     SVG画像の読み込みは簡単で、SVGでimportするだ毛で簡単ですが、画像が非常に小さく表示されます。拡大しましたが、元データが小さいからなの…

Continue reading

Blender: 「タネ」から作る簡単Low poly tree ver. 3

はじめて3D画像を作成したので、まだまだですが、20分程度で次の作品ができました。下の解説ビデオにしたいがましたが、ユニークな作り方です。     新たに作成しました。少し時間をかけました。     解説動画です。     Blenderが全くはじめてという方向けに解説を補足します。   I.初期画面   Blenderを立ち上げて左クリックで開く初期画面には中央に立方体が配置されています。BlenderのNotationでメモを加えましたが、読みにくくなってしましました。太くすればよかったですが、まだ設定の仕方が…

Continue reading

Blender: shaderで炎の3Dアニメーション

炎のアニメーションを作成するかっこいいshaderがあったのでダウンロードしたのですが、使い方がわかりませんでした。   B’rn – Procedural Fire Shader   ネットを探したところ、次に非常にわかりやすく解説した動画がありました。Addonとは違って、File>Appenでファイルを追加するのがポイントです。     解説の通りでできますが、簡単な入れ物もつくりました。Shaderをもらっていますので、数分で作成できます。 YoutubeのAudio LibraryのBGMをいれましたが、音の調整がまだま…

Continue reading