Movies &TV: Bohemian RhapsodyとA Star is Born

Bohemian RhapsodyのDVD販売は今日からだそうです。 授業でBohemian Rhapsodyを取り上げたいのでGoogle Sheetsで簡単に集計しました。 データは次です。   Bohemian Rhapsody A Star is Born   米国内では両者のチケット売上にそれほど違いはないのですが、海外の売上で差がつきました。 日本の貢献が貢献したようです。両方ともまだ見ていないので理由は不明ですが、、、   Google Sheetsを公開しています。   https://docs.google.com/spreadshee…

Continue reading

Movies&Thoughts: The Good Place(倫理学的シットコム)

The Good Place   I.基本情報   The Good Place (IMDB)   The Good Placeはアメリカのファンタジー・コメディーで、テレビ番組としてNBCで放映されています。日本ではNetflixで見ることができます。第3シーズンが始まったばかりで、現在、第一話のみ見れますが、毎週金曜日に一話ずつ追加されます。 クリエーターはMichael Schurで、彼はよく知られているコメディThe Officeの10エピソードを製作しています。 主演はKristen Bellで、彼女はVeronica Marsの主人公として日本でも有名…

Continue reading

Movies&TV: Rick and Morty

I.Rick and Mortyの基本情報   Rick and Mortyは米国のSF コメディ・アニメーションです。   SketchBookで描きました   Netflixで現在1−3シーズンを見ることができます。 動画配信比較 料金,本数,画質 (Netflix,hulu,dTV,U-NEXT)   II.哲学   汚いジョークの背景には、宇宙に対比して人間の卑小さ強調するcosmicismがあると言われます。 Cosmicismは、死後にこの分野のパイオニアとして「発見」されたSF作家Lovecraftの思想です。 Lovecraft…

Continue reading

Movie&TV: “Shape of Water”を描く

最近、映画館へよく行きます。今日はThe Postを見てきました。とてもよかったです。いずれ、このブログでも感想を書きたいと思いますが、きょうは、Shape of WaterのFANART投稿キャンペーンの締め切り日なので、SketchBookでイラストを描きました。     なかなか上手には描けませんが、デジタルの場合、レイヤーを分けて描けるので、卵のからと人の重なりや手と卵の重なりは描きやすいです。 左上のライトはダウンロードしたフリーのブラシを使っただけですが、もう少し手を加えれば使い回しできるいい感じになると思います。 SketchBookのブログには、目や髪や肌の…

Continue reading

映画紹介: 『沈黙』

遠藤周作原作、マーティン・スコセッシ監督『沈黙』を見ました。 信仰について少し考えたので、メモしておきます。 『沈黙』の原作者の遠藤周作は、日本においては数少ない敬虔なカトリック信徒の作家です。人の暗い部分を描き、キリスト教の信仰による救いをテーマとした作品群を残しました。 『沈黙』は、拷問により転ぶ人々の苦しみと救いの物語です。苦しみ、転向するという信仰の弱さを執拗に描いていますが、そこまで人の暗い部分を直視できる遠藤周作、マーティン・スコセッシ監督の強さに気後れするのは私だけでしょうか。 信仰の問題というと、私は、ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』の中のイワンの架空の物語「大審問官」を…

Continue reading

Movies: “Wonder Woman”

1. ちょっと深く、より楽しく   本年公開された映画Wonder Womanは米国ですごい人気のようです。単純な「ヒーロー」物のように見えますが、意外と奥は深いです。 Wonder Womanの原作者Marstonは嘘発見器の発明者で「フェミニスト」です。そして、妻と愛人と3人の暮らしの中でWonder Womanを書きました。 下にリンクしたコミックス第一作は、第二次大戦を描いており、日本軍も描かれています。しかし、今年の映画Wonder Womanは第一次世界大戦が舞台です。 … この映画をより楽しめるように簡単なリンクをつくりました。   2. 原作につ…

Continue reading

Yugouのドラマ紹介:”NEGATIVE REACTION”『刑事コロンボ』

シリーズ:『刑事コロンボ』(Columbo) タイトル:逆転の構図(”NEGATIVE REACTION”)[第4シーズン 27話] 初回放送日:アメリカ1974年10月6日、日本1975年12月20 ゲストスター:アルフ・ケリン (声 新田昌玄、小山武宏)) 監督:アルフ・ケリン 脚本:ピーター・S・フィッシャー コメント: この作品はコロンボシリーズではもっともコミカルな場面が多く、僕が大好きな作品です。 例えば、コロンボがあるホームレスの証言を得るために、教会の保護施設を訪れたとき、シスターにホームレスと間違われ、食事とコートを勧められます。自分は刑事だと伝えたと…

Continue reading

Yugouのドラマ紹介:”The Conspirators”『刑事コロンボ』

シリーズ:『刑事コロンボ』(Columbo) タイトル:策謀の結末(”The Conspirators”)[第7シーズン 45話] 初回放送日:アメリカ1978年5月13日、日本1979年1月3日 ゲストスター:クライヴ・レヴィル (声 日本テレビ版:家弓家正、NHK版:納谷悟朗) 監督:レオ・ペン 脚本:ハワード・バーク by shibatau コメント: クライヴ・レヴィル演ずる詩人のジョー・デブリンの存在感に圧倒される作品。ジョーとコロンボとの戯れ唄は、意味がわからなくても雰囲気でわらうのが通。 ジョーは、アイリッシュウイスキーを好むが、飲み過ぎないように、瓶に指…

Continue reading