Blender: 2Dアニメーションをためす, Blender 2.8 Release Candidate ver. 1

Blenderで3Dアニメーションを描くことができます。Netflixのアニメーション、NextGen はBlenderで作成されたそうです。 3Dアニメーションを作りたいとずっと思っていましたが、やはり敷居が高く、3Dオブジェクトを作るのも大変、動かすまでどれだけかかるかとうい感じがあって、近づきがたかったです。 しかし、公開間近のBlender 2.8では、2Dアニメーション機能が大幅に強化されるようです。そこで、昨日公開されたThe Release Candiditeで、まずは、2Dアニメーションに挑戦します。ちなみに、The Release Candidite版は正式版の直前のバージョ…

Continue reading

Synfigでアニメーション:ハートを描く

Synfigはフリーのオープンソースの2Dアニメーションを描くアプリケーションです。 今回はアニメーションの前段階としてハートを描きます。ベクトル画像を扱えるので、InkScapeで描いたもの使ってもよいのですが、Synfigのベジェ曲線でハートを描きました。 はじめてなので時間がかかりましたが、できてしまえば簡単です。   1.ベジェ曲線でハートを描く     2.ストロークとフィルは別々のレイヤー     3.形を整える     4.完成     Please follow and like us:…

Continue reading

Synfigのアニメーション:はじめてのアニメーション

Synfig Studioはフリーのオップンソースの2Dアニメーションソフトウェアです。 SketchBookと比べるとベクター画像を扱えるのと、motion tweenが使えるのでアニメーション作りの手間が省けます。 例えば、下のアニメーションは2秒の動作を繰り返しています。1秒に24フレームなので48枚の画像を描く必要があります。 SketchBookで作成するなら、コピーして少し移動してということを48回繰り返します。 これに対して、Synfigではタイムライン上に上下左右の四点を配置するだけで、スムーズな動きをSynfig作成してくれます。     上記のアニメーシ…

Continue reading

Inkscapeのアニメーション:CPUベン図, Vivus+SVGator

Pythonではターミナルの利用が必須ですが、書き込んだコマンドの意味を理解するのは少し大変です。 カーネルとかシェルとかbashとか、初心者にはなじみのない言葉もたくさん出てきます。 基本的な用語は理解しておきたいので調べているところですが、カーネル、シェル、bashなどの関係を図にしました。 Inkscapeで描きSVGで書き出し、一つ目はVivus Instant、二つ目はSVGatorでアニメーションにしました。 Vivus InstantはSVGファイルをWebページの指定された箇所にドロップするだけでアニメーションになります。SVGatorはファイルを読み込み一つ一つ動作を指定しま…

Continue reading

Inkscapeのアニメーション:コーヒー, SVGator

Inkskapeでイラストを描いてSVGで保存し、下のサイトで読み込みアニメーションを設定します。 利用するにはアドレスを記入しての登録が必要ですが、アクティベーションはありません。   SVGator   SVGの画像は拡大してもあらくなりません、また、グループごとに式で書かれているので、それぞれにアニメーションを設定できるのも特徴です。   SVGをアニメーションにするのにはいろいろな方法がありますが、インターネット上で読み込んで、移動方向やタイミングなど細かく設定できるのがSVGatorの特徴です。     黄色が見えにくいですが、3本の…

Continue reading

Rのアニメーション:人口ピラミッド, gif

Rでネット上のデータを取得し人口ピラミッドの変化のアニメーションを作成しました。 予想よりは簡単でしたが、ちょっと手間です。 下のページの説明通りにすればできます。非常に簡潔にわかりやすく説明されています。   Japan’s ageing population, animated with R   I.アニメーション           II.スクリプトの解釈       III.Macの場合の手順   1.MacPortをインストール MacPortはImageMagi…

Continue reading

SketchBookのアニメーション:円, FloodFill

SVGアニメーションのようが滑らかな動きは不得意ですが、画像を重ねるアニメーションは、オニオンスキンを使って簡単にできます。 定規で線を書いて、コピーしてはFloodFillで色をいれます。 時計もできると思いますが、このやり方だとたくさん描く必要がありますねえ。たぶん、SVGなら式でなんとかなるでしょうし、すでに時計の動きはだれかが作っていると思います。 SketchBookにはそういうコンテンツを交換するコミュニティはないように思います。探せていないだけかもしれませんが。 なにもかもゼロから描くというのは大変なので、プロフェッショナルでやろうと思うと有料でも無料でもそいうサポートのて暑さと…

Continue reading