NLA: QAnon陰謀論のネットワーク分析, python ver. 2

Last Updated on July 11, 2021 by shibatau

赤字部分を追記しました。

I.何をする?

 

次のQAnonの分析を通してネットワーク分析の手法を学びます。

 

A Social Media Analytics View of the QAnon Conspiracy Theory

 

日本のTwitterのツイートをネットワーク分析します。

 

II.QAnonとは?

 

WikipediaのQAnonに説明があります。いわゆる陰謀論で、トランプ大統領は性目的児童売買の国際組織と戦っていると主張しています。

 

QAnon[a] (/ˌkjuːəˈnɒn/) is a far-right conspiracy theory. It alleges that a cabal of Satan-worshiping pedophiles is running a global child sex-trafficking ring and plotting against President Donald Trump, who is battling against the cabal. The theory also commonly asserts that Trump is planning a day of reckoning known as “The Storm”, when thousands of members of the cabal will be arrested.[3 No part of the theory is based on fact.

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

A post shared by Hirofumi Shibatau (@shibatau) on

 

 

上の画像は、Wikipediaの画像をRで加工しています。Rのスクリプトは次にあります。

 

R: 写真をスケッチに, sketcher, krita

 

関連ニュース

 

What is QAnon, the conspiracy theory spreading throughout the US

 

‘It’s like a parasite’-How a dangerous virtual cult is going global

 

QAnon — Madness Going Mainstream

 

III.Twitterの書き込みのネットワーク分析

 

Iでリンクした文書にQAnonの分析手順が書かれています。

 

1. “#QAnon”のツイートを収集する。

2. 感情分析を実行し、QAnonに否定的なツイートを除く。

3. ツイートの相互に関連づける。

4.ネットワークの中心を算出する。

5. グラフを作成する。

6. 中心のノードの上位10%あるいは15%を除いて、ネットワークが維持できるかどうかを検討する。

 

QAnonを支持する# tagなら感情分析は必要ないかと思いますが、広く特定のwordsを含むtweetsを対象とする場合に感情分析が必要になります。

このネットワーク分析の目的は、“#QAnon”のツイートが少数の人によるものか、あるいは、多くの人によるものか、その程度を測ることです。

 

IV.Twitterの書き込みのデータの収集

 

1.Twitter developerのAPIで収集

 

次に解説されています。

 

Twitter data collection tutorial using Python

 

事前に、Twitterのデベロッパー・アカウントを取得する必要があります。上のリンクの説明通り、このアカウントでアクセスし、アプリを作成し、次のAPIの情報を取得します。

 

API key
API secret key
Access token
Access token secret

 

次をPythonで実行します。

 

import tweepy
# Connect to Twitter API using the secrets
auth = tweepy.OAuthHandler(“api_key”, “api_secret_key”)
auth.set_access_token(“access_token”, “access_token_secret”)
api = tweepy.API(auth)

 

リンクのスクリプト通りです。ただし、1箇所”)”の多いところがありましたが、syntax errorになるのですぐわかります。

 

Google Colaboraryに慣れない方にわかりにくいところだけを捕捉します。

次のコードでGoogle Driveと接続します。収集されたデータをGoogle Driveに保存されます。

Google Colaboratoryに保存することもできますが、接続終了後には消えます。

 

# Connect Google Drive to Colab
drive.mount(‘/content/gdrive’)
# Create a variable to store the data path on your drive
path = ‘./gdrive/My Drive/path/to/data’

 

最後の行の”/path/to/data”にはGoogle Driveのディレクトリを書きます。

例えば、twitterというディレクトリにファイルを置くのであれば、次になります。

 

path = ‘./gdrive/My Drive/twitter/data’
 
 
私のツイートを取得するコードは次です。

 

get_all_tweets(“shibatau”)
 
 
 
次のファイルが保存されました。
 
 

 

2.登録なしに収集

 

Rのrtweetを使用します。

 

R:Twitterの情報をdeveloper accountなしに取得, rtweet ver. 2

 

To be continued.

About shibatau

I was born and grown up in Kyoto. I studied western philosophy at the University and specialized in analytic philosophy, especially Ludwig Wittgenstein at the postgraduate school. I'm interested in new technology, especially machine learning and have been learning R language for two years and began to learn Python last summer. Listening toParamore, Sia, Amazarashi and MIyuki Nakajima. Favorite movies I've recently seen: "FREEHELD". Favorite actors and actresses: Anthony Hopkins, Denzel Washington, Ellen Page, Meryl Streep, Mia Wasikowska and Robert DeNiro. Favorite books: Fyodor Mikhailovich Dostoyevsky, "The Karamazov Brothers", Shinran, "Lamentations of Divergences". Favorite phrase: Salvation by Faith. Twitter: @shibatau

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.