Japanese: レポート表現や論理語の特性を理解する

Last Updated on November 26, 2019 by shibatau

OCRや自然言語(数学とか物理学の言葉ではなくて普通の日常語)解析のプログラムを勉強しはじめました。

コンピュータにはなんでもグループ化、規則化しないと教えられないので、こういうことも役立つかもしれません。

 

I.レポートの表現

 

留学生向けですが、日本人一年生にも紹介していました。

 

レポートの表現

 

大学の教員にすると、こんなことまで教えないといけないの?という感じかと思いますが、留学生が理解できるように、グループ化、規則化して教えるとなると、結構難しいです。

 

II.論理語の学習

 

大学の基礎講座で教えていた内容です。

 

小論文の書き方

 

例えば、下のように特定の語、とくに接続表現(論理語)をあらかじめ決めておいて、小論文を書きます。ディベートと同じで、結論となる主張にコミットはしません。自分の考えと反対でもかまりません。

論理的に説得力ある文を書くことが目標です。

例えば、「原子力エネルギーについて次の語を使って500字いないで書きなさい」という課題を与えます。

 

、、、だろうか。
、、、だ。
なぜなら、・・・。
例えば、・・・。
確かに、・・・
しかし、・・・
したがって、・・・である。

 

これは、受験スキルです。私が予備校で教えていたときに国語の講師に教えてもらいました。

当時は、それはどうなん?って思いましたが、ディベートと同じで、文の論理的関係について学ぶには良い方法ですし、小論文試験にも役立ちます。

 

III.作文、論文表現スキルについて

 

小学校、中学校の作文の授業では、「なんでも思ったことを書きなさい」と言われます。私はそうでしたが、ひょっとすると今はもっといいことを言ってくれるのかな?

思っていることを書いていいよと言われて、書ける生徒もいるでしょうが、多くはうまくかけません。上手いと評価され張り出される作文は、書けない生徒にとっては、どうもわざとらしく感じられます。

実は、思ったことは「言語」を通して事後的につくられものなので、事前の感想をことばにすれば、「面白かった」とか「面白くなかった」ぐらいしかないのが普通でしょう。

教師や作文のスキルを身につけた生徒は、すでに「感想」が言語化されているので、それなりのものを書けるのです。

思っていることが先にあるのではなく、言語が思っていたものを形成して、先に思っていたものがあって、それを言語で表現している、言語は単なる手段であるのようにみせかけるのですが、この言語表現に「ずれ」があるというのがポストモダニズムの考えです。

作文や論文作成はスキルと割り切ればよいのですが、「なんかなあ、、、」とかんじるところが「ずれ」というのが私の理解ですが、プログラミングに役立つでしょうか?

作文指導にもどれば、「思っていたことを書きなさい」ではなくて、「人にうけるように書きなさい」と指導した方がずっと上手く書けます。これも関係ある?

About shibatau

I was born and grown up in Kyoto. I studied western philosophy at the University and specialized in analytic philosophy, especially Ludwig Wittgenstein at the postgraduate school. I'm interested in new technology, especially machine learning and have been learning R language for two years and began to learn Python last summer. Listening toParamore, Sia, Amazarashi and MIyuki Nakajima. Favorite movies I've recently seen: "FREEHELD". Favorite actors and actresses: Anthony Hopkins, Denzel Washington, Ellen Page, Meryl Streep, Mia Wasikowska and Robert DeNiro. Favorite books: Fyodor Mikhailovich Dostoyevsky, "The Karamazov Brothers", Shinran, "Lamentations of Divergences". Favorite phrase: Salvation by Faith. Twitter: @shibatau

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.