Python: 画風転換1_PyCharmで作成

I.学ぶこと

 

次のことを学ぼうと思っていますが、たぶん、3、4は私の理解を超えているので表面的にまとめるだけになるかもしれません。また、わかったところから書いていきますので、この順序のとおりにはならないと思います。

 

  1. PyCharmの使用法
  2. Google Colaboratoryの使用法
  3. TensorFlowの概要
  4. 深層学習の概要

 

II.PyCharmで実行

 

1.GitHubからダウンロード

 

プログラムの内容は後にして、まずPyCharmで実行してみます。スクリプトは次です。

 

neural-style

 

ディレクトリごとコンピュータにダウンロードするのが簡単です。一つずつの場合は、ダウンロードできないものもあります。

 

2.使用ファイル

 

使用するファイルは次です。

 

 

requirements.textを開いて確認すると、指定されたライブラリのバージョンは少ないので個別に設定してもOKです。

一括して設定する場合は、macではrequirements.texをworking directoryにおいて、ターミナルで次を実行します。

 

pip3 install -r requirements.txt

 

上記以外のライブラリでインストールされていないものは、それぞれ別にターミナルでpip install ???でインストールする必要があります。少ないので、エラーがでることにエラーメッセージを読んで、必要なライブラリをインストールしてもよいです。

さらに、次のファイルをダウンロードしてworking directoryにおきます。(Working directory以外のところに置くならフルパスを、neural_style.pyの中のVGG_PATH = ‘imagenet-vgg-verydeep-19.mat’の’と’の間に書きます。)

 

Pre-trained VGG network

 

2.PyCharmの使用

 

SpyderでもJpyter Notebookでもよいのですが、複数のプログラムファイルを実行する場合は、PyCharmのほうがファイルの構成がみやすく、ターミナルも使いやすいです。

といっても、PyCharmの初歩的な使い方を理解するのに時間を要しますので、はじめてという方は、慣れたものを使うか、「画風転換2」のGoogle Colaboratoryをおすすめします。

 

準備ができたら、ターミナルで次のスクリプトを実行します。

 python style41.py --content '/???/1content.jpg' --styles "/???/1style.jpg" --output "output19.jpg"

 

スクリプトの意味は、「Pythonを開いて、style41.pyを実行する。その際、コンテンツ画像のパスは、/???/1content.jpgで、まねるスタイル画像のパスは、/???/1style.jpgで、作成される画像の名は、outuput19.jpgである」ということです。

コンテンツ画像とスタイル画像はフルパスを書けばどこにおいてもよいと思いますが、私の場合、デスクトップに置くと、なぜか、エラーになりました。

仮想環境を作成した場合(ふつう作成します)、その仮想環境でコマンドを実行しなければなりません。PyCharmの場合は、通常、プロジェクトごとに仮想環境が作成されますし、スクリプトを書いている画面下方のTerminalはその仮想環境下になっているのでとても便利です。

ダウンロードしたサンプル画像を使用しました。トレーニングからはじめて、3時間ほどかかりました。

 

もとの画像

 

まねたスタイル

 

作成された画像

 

About shibatau

I was born and grown up in Kyoto. I studied western philosophy at the University and specialized in analytic philosophy, especially Ludwig Wittgenstein at the postgraduate school. I'm interested in new technology, especially machine learning and have been learning R language for two years and began to learn Python last summer. Listening toParamore, Sia, Amazarashi and MIyuki Nakajima. Favorite movies I've recently seen: "FREEHELD". Favorite actors and actresses: Anthony Hopkins, Denzel Washington, Ellen Page, Meryl Streep, Mia Wasikowska and Robert DeNiro. Favorite books: Fyodor Mikhailovich Dostoyevsky, "The Karamazov Brothers", Shinran, "Lamentations of Divergences". Favorite phrase: Salvation by Faith. Twitter: @shibatau

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.