Blender: 2Dアニメーションをためす, Blender 2.8 Release Candidate ver. 1

Blenderで3Dアニメーションを描くことができます。Netflixのアニメーション、NextGen はBlenderで作成されたそうです。

3Dアニメーションを作りたいとずっと思っていましたが、やはり敷居が高く、3Dオブジェクトを作るのも大変、動かすまでどれだけかかるかとうい感じがあって、近づきがたかったです。

しかし、公開間近のBlender 2.8では、2Dアニメーション機能が大幅に強化されるようです。そこで、昨日公開されたThe Release Candiditeで、まずは、2Dアニメーションに挑戦します。ちなみに、The Release Candidite版は正式版の直前のバージョンです。

お手本となるビデオを見つけましたが、プロフェッショナルですねえ。2D画像もこんなにうまく描けそうにありません。それでも、一応目標にやってみます。

 

 

Iインターフェース

 

1.2D Animationワークスペースの表示

 

2D Animationワークスペースを選択します。

 

 

2D Animationワークスペースが開きます。

 

 

2次元に見えますが、実は3次元です。上の画面は、Zから、つまり上から見たところです。

少し角度をかえると3次元であることがわかります。

 

 

2D画面に戻すのは画面右上の青で囲まれたZをクリックします。

 

2.ラインとFill(塗り)を描く

 

デフォルトではFillをいれない設定になっているので、Fillを入れたい場合は、先にFillをonにする必要があります。

 

    • ラインは、ペンのアイコンを選んで描きます。
    • 四角や円は、それぞれのアイコンを選んで描きスペースバーで確定します。
    • Fill(塗り)を使用するには、先にストロークを作成し、設定でFillにチェックをいれます。
    • Fillは、Fillのチェックをオンにしたストロークを選び、ラインや四角や円を描くか、Fillアイコンを選び閉じた線の中をクリックします。

 

Fillのところがちょっとわかりにくいですが、だいたい次のようです。

 

to be continued

 

Please follow and like us:
error

About shibatau

I was born and grown up in Kyoto. I studied western philosophy at the University and specialized in analytic philosophy, especially Ludwig Wittgenstein at the postgraduate school. I'm interested in new technology, especially machine learning and have been learning R language for two years and began to learn Python last summer. Listening toParamore, Sia, Amazarashi and MIyuki Nakajima. Favorite movies I've recently seen: "FREEHELD". Favorite actors and actresses: Anthony Hopkins, Denzel Washington, Ellen Page, Meryl Streep, Mia Wasikowska and Robert DeNiro. Favorite books: Fyodor Mikhailovich Dostoyevsky, "The Karamazov Brothers", Shinran, "Lamentations of Divergences". Favorite phrase: Salvation by Faith. Twitter: @shibatau

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.