Philosophy&Thoughts: ヴィトゲンシュタイン哲学入門3_哲学問題の発生

ヴィトゲンシュタイン哲学入門1

ヴィトゲンシュタイン哲学入門2

ヴィトゲンシュタイン哲学入門3

 

I.日常言語の誤用

 

後期のヴィトゲンシュタインは、語の誤用によって哲学問題が生じと考えました。

ここでは、原因(cause)と根拠(ground)の混同を取り上げます。

 

1.「私は風邪をひいたから授業を欠席した」

どちらかというと原因

2.「私は弟の結婚式から授業を欠席した」

どちらかというと客観的な根拠

3.「私はその先生が嫌いから授業を欠席した」

どちらかというと主観的な根拠

 

1の場合、物理的原因だとすると、風邪の原因、例えば雨の中をでかけたとか、そこに風のウィルスがあった、そのウィルスはどこからきたか、、、など、因果的連鎖をたどることができます。

しかし、2と3の場合は物理的な因果関係ではありません。このような場合は、「原因」とは言わず「根拠」というのがふつうでしょう。「根拠」の「根拠」を述べることができる場合がありますが、「根拠」は「原因」と違ってどこかで終わります。

ところで、(3)は主観的かつ非論理的に感じられますが、次のような推論によるものだと考えることもできます。

(i)私は嫌いな先生の授業は出席しない。

(ii)その授業の先生を嫌いだ。

(iii)したがって、私はその先生の授業を欠席した。

論理的な推論になっていますので、主観的に感じられるのは推論の問題ではなく、(i)が主観的であるためなら、主観的ではあるが、非論理的ではないと考えるべきでしょう。

さて、上の例の説明にも「どちらかというと」と書いたように、日常生活では「原因」と「根拠」を厳密に区別しません。その上、多くの場合、「原因」、「根拠」に代えて「理由」を用いることができます。実際、1、2、3いずれの場合も授業を欠席した「理由」を述べていると言えます。

 

II.哲学的問題の発生

 

ヴィトゲンシュタインによれば、「原因」と「根拠」の混同により哲学的問題が生じます。

具体的な事例を考えましょう。

1.「ここになくした財布がある

「財布がある理由は?」の問いに対して、例えば、私が落とした財布を昨日見つけたから(原因)だ、と答える場面を思い浮かべることができます。

2.「ここに私の手がある

「手がある理由は?」の問いに対して、どのような答えが考えられるでしょう?ふつう、この原因も根拠もあげることはできないでしょう。

 

 

「私の手は私が見ている限りある」と主張すると反実在論の立場をとることになります。。これに対して、「いやいや、我々と独立して手は実在するとする」と主張すると実在論の立場をとることになります。

 

III.ヴィトゲンシュタインの答え

 

後期のヴィトゲンシュタインは、哲学的問題は語の誤用から生じており、その語を使用する単純な使用例(言語ゲーム)を考察することで解決されると主張しました。

IIの事例では1と2の表面的な形は同じですが、その意味(使用)は異なります。

例えば、1について「本当に、これはなくした財布か?」と疑うことは可能です。これに対して、2については「本当に、これは私の手か?」と疑うことはないでしょう。たとえ、あるとしても、大きな手術をした直後とか非常に特殊な場合に限られるでしょう。

ヴィトゲンシュタインは、「ここに私の手がある」という文は、我々が「ある」という言葉を学ぶときに出会うプリミティブな文であると考えます。つまり、このような文によって「ある」という言葉の意味を学んだのであり、それに疑いをはさむことは意味をなさないと主張します。

私たちが「ある」と「ない」を学んだようなプリミティブな文は、たとえ普通の文と同じ形式であるとしても、疑い得ないのです。それを誤って疑うことで実在論と反実在論という哲学的問題が生じるのです。

to be continued

About shibatau

I was born and grown up in Kyoto. I studied western philosophy at the University and specialized in analytic philosophy, especially Ludwig Wittgenstein at the postgraduate school. I'm interested in new technology, especially machine learning and have been learning R language for two years and began to learn Python last summer. Listening toParamore, Sia, Amazarashi and MIyuki Nakajima. Favorite movies I've recently seen: "FREEHELD". Favorite actors and actresses: Anthony Hopkins, Denzel Washington, Ellen Page, Meryl Streep, Mia Wasikowska and Robert DeNiro. Favorite books: Fyodor Mikhailovich Dostoyevsky, "The Karamazov Brothers", Shinran, "Lamentations of Divergences". Favorite phrase: Salvation by Faith. Twitter: @shibatau

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.