Text mining: Sentiment Analysis 4, Python

テキスト・マイニングに関心があります。

学び始めたところで荒いものですが、私の基本的な理解を示します。

大学院のときに先輩に教えたもらったCharles W. Morrisの構文論、意味論、言語遂行論の記号論から理想的なテキスト・マイニングを考えます。

ちなみに、シンタックス(構文論)は文の構成規則です、セマンティクス(意味論)は記号と対象との関係です。ですから、語や文が意味をもつとか、文の真や偽を論ずることができます。プラグマティクス(言語遂行論)は、例えば、「私が、、、を宣言します」のように真偽ではなくて、発言の適切あるいは不適切が問われる文を扱います。

要は、言語を考える場合、記号と対象と話者の3者の関係を考える必要があるということです。

これら三つの次元でテキストを分析することで適切に解釈できると考えます。

この3分類は分析哲学的なもので、一般的な言語学の理解とは異なるかもしれませんが、そのあたりは今後の研究課題です。

上述のことをまとめると次のようになります。

 

 

About shibatau

I was born and grown up in Kyoto. I studied western philosophy at the University and specialized in analytic philosophy, especially Ludwig Wittgenstein at the postgraduate school. I'm interested in new technology, especially machine learning and have been learning R language for two years and began to learn Python last summer. Listening toParamore, Sia, Amazarashi and MIyuki Nakajima. Favorite movies I've recently seen: "FREEHELD". Favorite actors and actresses: Anthony Hopkins, Denzel Washington, Ellen Page, Meryl Streep, Mia Wasikowska and Robert DeNiro. Favorite books: Fyodor Mikhailovich Dostoyevsky, "The Karamazov Brothers", Shinran, "Lamentations of Divergences". Favorite phrase: Salvation by Faith. Twitter: @shibatau

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.