SketchBook入門1:事前の準備

I.SketchBookの特徴   無料である。 なめらかに楽しく描ける。 無料でインストールできる多様なブラシがある。 描画を補助する十分なツールがある。 オニオンスキンを利用してアニメーションを作成できる。   II.必要なもの   1.インストールは無料です。   SketchBook を無償で提供します!   2.筆圧を活かすにはペンタブレットが必要です。   ペンタブレット   III.困った時に備えて   1.配置が乱れたら初めの配置にもどします。   Windows > Default…

Continue reading

形のない資本(intangible capital)について考える ver. 1

Jonathan Haskel and Stian Westlake, Capitalism without Capital: The Rise of the Intangible (2017)の読後メモです。理解の不十分な点、誤解もあるかと思いますので適宜更新します。   参考 参考ゲイツ氏がツイートしたインタンジブル・エコのミックス(intangible economy)   I.現代経済の特徴   資本主義は、形のある資本から形のない資本へ移行した。   コメント 同意できるが、筆者も認めるようにどの程度そうなのか計量するのが難しいでしょう。 とこ…

Continue reading

ヴィトゲンシュタイン哲学について3:哲学的問題の発生

ヴィトゲンシュタイン哲学について1 ヴィトゲンシュタイン哲学について2 ヴィトゲンシュタイン哲学について3   I.日常言語の誤用   後期のヴィトゲンシュタインは、語の誤用によって哲学問題が生じと考えました。 ここでは、原因(cause)と根拠(ground)の混同を取り上げます。   1.「私は風邪をひいたから授業を欠席した」 どちらかというと原因 2.「私は弟の結婚式だから授業を欠席した」 どちらかというと客観的な根拠 3.「私はその先生が嫌いだから授業を欠席した」 どちらかというと主観的な根拠   1の場合、物理的原因だとすると、風邪の原因、例え…

Continue reading

ヴィトゲンシュタイン哲学について2:哲学の有用性

ヴィトゲンシュタイン哲学について1 ヴィトゲンシュタイン哲学について2 ヴィトゲンシュタイン哲学について3   I.哲学は役立つか?   論理実証主義から分析哲学への流れは、哲学問題を解決するための論理や言葉の分析の歴史です。 下記は、哲学的問題が生じるのは、構文や文法の誤解からであると論じたカルナップの古典的論文です。   Rudolf Carnap, The Elimination of Metaphysics Through Logical Analysis of Language (1932)   言葉の分析によりすべての哲学問題を解決できるとヴ…

Continue reading

ヴィトゲンシュタイン哲学について1 :哲学観

ヴィトゲンシュタイン哲学について1 ヴィトゲンシュタイン哲学について2 ヴィトゲンシュタイン哲学について3   I.哲学はつまらなくなった?   現代の哲学はトリビアルな問題に熱中しているように見えます。哲学に関心がある人でも、特に言語哲学や分析哲学の本を読むと、言葉の意味や推論の細かな議論についていけないと感じるでしょう。私もそうです。 「いったい、伝統的な哲学的問題はどうなったの?!」と叫びたくなります。 神は存在するか? 真実とは何か? 存在とは何か? 善と悪とは何か? 人生の意味とは何か? 自由意志は存在するか? 心と体はどのように関わるか? 夢と現実の違いは? 科…

Continue reading

現代論理学における矛盾について

現代論理学の矛盾概念についてわかりやすく説明されていましたのでコメントします。   3. Contradictions (A and not-A)   I.形式論理学における矛盾   上の文書の前半部分ですが、矛盾するものは両立しないということを真理表で説明しています。   Q、Rは論理的に矛盾しないが、真理表で真の場合を排除できるので矛盾している。 次のように説明されています。   But in our case, the top line of the truth table doesn’t apply, since our two cla…

Continue reading